HOME クチコミ ビタママな生活 広~いじゃぶじゃぶ池やジャンボ滑り台が最高!四季の森公園に行ってみた!
ビタママな生活 お出かけ 公園 街レポ

広~いじゃぶじゃぶ池やジャンボ滑り台が最高!四季の森公園に行ってみた!

ビタママスタッフ営業部の「もんた」です。遊びSPOTやランチの地域情報を多く発信しております。毎日更新される新着記事にフラ~っと紛れてますので探してみてください!

まだ5月ですよ。なんでしょうか、この暑さ。

土曜日はワンオペで暑さと娘(4歳)のオテンバとの闘い、イヤイヤ期?グズグズ期?に付き合う精神力とでグッタリ↓↓↓

日曜は横浜市緑区にある「県立 四季の森公園」に行きましたが、午前中の家事ですでに虚無と化した「もんた」は、パパが全力で娘と遊ぶのを見守るのでした。


▲日差しが眩しすぎる!/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

駐車場はいつでも並んでるイメージです。この日曜日は13:00過ぎに到着しましたが8台くらい車が並んでました。

この「県立 四季の森公園」はホタルの鑑賞も有名で、去年家族で行きましたが、夕方から恐ろしい行列でした。今年は6月9日(土)~6月17日(日)まで『ホタルの夕べ』を開催し20:50まで開園しているようなので、行ってみたい方には夕方早めに行くのをオススメします。

▲入口すぐに涼しげな噴水?が出迎えてくれます。/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

早速、子どもの大好きな「水場」発見で遊びたい娘。お腹が空いてイライラする私。ってことで到着すぐに、この噴水回りの木陰でランチ(すぐ近くにあるマルエツ四季の森フォレオ店にて買いました)。


▲見た目も涼しく、風が吹くと霧が飛んでくるのでなお涼しい!/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

そして、メインのじゃぶじゃぶ池へ!自然に包まれ、チョウチョがたっくさん飛んでいる中、10分ほど歩くと見えてきました。

▲じゃぶじゃぶ池を見渡せる丘。/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

▲丘を囲うように長いじゃぶじゃぶ池が。/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

▲小さい子はパシャパシャ、小学生は岩場に登ったりアクティブに遊んでました。/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

この長いじゃぶじゃぶ池の他にも、小さくても少し深い(2,30センチくらい?)の池もありました。

続いて向かったのは遊具広場。年齢に合わせた遊具が沢山あり充実してます。

小学生が飛び回っているので、小さい子はちゃんと傍にいて上げないとフッ飛ばされそうでヒヤヒヤする場面が。(もんた夫婦が神経質だからかも!?)

▲近所の公園では物足りない娘は大興奮でウロチョロ。/県立 四季の森公園(横浜市緑区)


▲この滑り台はかなりの急斜面で、私もチャレンジしましたがフワッとなりました。/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

▲人は昔サルだったと思わせる野生本能。とにかく登りたがる娘。/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

遊具で一通り遊び16:30頃になり、既に私はこれから行く買い物のことで頭いっぱい。さあ帰りましょう!と戻っている途中にジャンボ滑り台を発見!

この「県立 四季の森公園」でも有名なロングコースの滑り台のようです。もんたパパが撮影してきてくれました。私は下でネットで作り置きの検索。笑

▲全長54メートルだとか!?滑りだしたら止まらない!/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

▲前に見えるは娘です。泣かずに滑れたようですよ。/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

▲天候などのコンディションにもよるでしょうが、結構早かったそうです。/県立 四季の森公園(横浜市緑区)

父子は2回連続で滑りに行き、ようやく帰路へ。

ホタル観賞(ホタルの夕べ)の時期は短いので、皆さんもタイミングが合えばぜひ観に行くことをオススメします。

ただ、足元は暗く「ホタル出現ポイント」近くからは懐中電灯など禁止なので、ウロチョロする子はしっかり手を繋ぎましょう。後は、派手な色のシャツなど着せるのがオススメ。少し離れると目を凝らさないと見えなくなる暗さのとこもあります。

夏の思い出にぜひ♪♪♪

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME クチコミ ビタママな生活 広~いじゃぶじゃぶ池やジャンボ滑り台が最高!四季の森公園に行ってみた!
TOP