HOME クチコミ ビタママな生活 「人を育てる」塾のさまざまな取り組み – 新・教育環境コパック
ビタママな生活 その他 子供の教育 進学塾 中学受験塾

「人を育てる」塾のさまざまな取り組み – 新・教育環境コパック

こんにちは!
ビタママスタッフの193です。

82号制作のための取材が続いています。
本日は、ビタミンママ本誌ではおなじみの進学塾、新・教育環境コパックへ。

はじめてお会いした代表の工藤先生、筋の通った教育理念をお持ちで、2児の育児に奮闘中の母としては、身につまされるお話がてんこ盛りでした。

「進学」塾といえども、成長期真っ只中の子供が集う場所。「人を育てる」教育の場であるべきという考え方には、感動しました。

 

さて、インタビュー詳細は本誌、そしてこのサイトのスポット記事に譲るとして、早速取材こぼれ話を!

コパックでは、先生をあだ名で呼ぶ習わしがあるそうで、工藤先生は「ウル(ウルトラマンが語源)」、塾長の大平先生は「ゆうれい(由来は、音もなく側に立っていたりするから、だそうです…)」とそれぞれ呼ばれているのだとか。

どちらも生徒さんがつけたもので、長く親しみを込めて呼ばれているのだそうです。

 

そんな「ゆうれい」こと大平先生の趣味は水耕栽培!

▲子供達と一緒に水耕栽培(新・教育環境コパック 横浜市青葉区)

教室のひときわ日の当たる場所に置かれた、しそ、バジル、ルッコラ、パセリなどの葉物野菜たちは、(塾の授業とは関係なく)先生と生徒たちで愛情を注いで育てているそうです。

「少し前まではレタスも栽培していたので、お弁当持参の子たちと一緒に摘んで、食べていました。これからの季節、そうめんが美味しいので薬味を多く栽培しています(笑)」とのこと。

▲主導しているのは塾長の大平先生(新・教育環境コパック 横浜市青葉区)

 

そして、新たに挑戦中なのが、こちら!

▲小さな芽を大切に育てています(新・教育環境コパック 横浜市青葉区)

 

なんの芽だかお分かりになりますか?

実はこれ、プチトマトなのだとか。

ペットボトルでプチトマトが育つとは…。成長が楽しみです!

 

——–

帰り際、工藤先生から素敵なお土産をいただきました!

▲体験活動の「成果」(新・教育環境コパック 横浜市青葉区)

 

コパックでは年に数回、「体験活動」と呼ばれるイベントがあります。

皆でさまざまな場所へ出かける催しなのですが、これまでにも、愛地球博の国連館でガーナのレセプションに特別に招いてもらったり、猿島での無人島体験に出かけたりと、とにかく内容がユニーク!毎回大人気のイベントなのです。

 

今月は、狭山の茶摘み体験へ出向いたそう。

この新茶、実際に先生たちが摘んだものを真空パックにしたものだそうで、恐縮しつつありがたくいただいてきました!

これからしばらく、ビタミンママで美味しい緑茶を楽しませていただきます。

 

●幼稚園号、絶賛発売中です!

SPOT INFO スポット情報

新・教育環境コパック

中学受験塾 進学塾
所在地 神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-9-13 サンサーラあざみ野4F
TEL
アクセス
  • あざみ野駅より徒歩1分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME クチコミ ビタママな生活 「人を育てる」塾のさまざまな取り組み – 新・教育環境コパック
TOP