HOME レポート 脳卒中を患ったあと、手が動かしにくくなったのですが。
レポート リハビリテーション科 お医者さん 内科 整形外科

脳卒中を患ったあと、手が動かしにくくなったのですが。

体と心のお悩みに答えます!ビタママエリアの名医が解消

体と心のお悩みQ&A

脳卒中を患ったあと、手が動かしにくくなったのですが。

脳卒中などの後遺症のひとつで、筋肉が緊張し、手足が動かしにくくなる状態のことを「痙縮(けいしゅく)」といいます。

治療法のひとつにボトックス注射があり、当院では予約制の外来で行っています。
美容クリニックで使われているので名前は聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ボトックスとはボツリヌス菌が作り出す毒素で、これを極少量、注射すると手足の筋肉が柔らかくなり、動かしやすくなったり痛みを軽減できたりします。

実際に治療を受けた患者さんから「自分でできることが増えた!」と言われたり、介護しているご家族からは「着替えさせるのがラクになった」などのお声をいただいたりしています。

 

お話を伺ったのは

港北ニュータウン診療所
院長 神山 一行 先生

SPOT INFO スポット情報

常に明るく朗らかな院長先生。診療中も笑顔が絶えません(港北ニュータウン診療所:神奈川県横浜市都筑区)

港北ニュータウン診療所

リハビリテーション科 内科 整形外科
所在地 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央17-26 ビクトリアセンター南301号
TEL
アクセス
  • センター南駅より徒歩5分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート 脳卒中を患ったあと、手が動かしにくくなったのですが。
TOP