HOME レポート インタビュー 西洋医学と漢方に加えて、栄養療法で不調の根本から改善
インタビュー 小児科

西洋医学と漢方に加えて、栄養療法で不調の根本から改善

ほしの小児クリニック 横浜市都筑区 中川駅 小児科 漢方薬 栄養療法

▲ほしの小児クリニック(横浜市都筑区)

医学的見地から食の改善を見直す「栄養療法」について教えてください。

医学としての「栄養」に関する研究は近年特に進化しています。栄養状態を整えることで、人が本来持っている免疫力が高まり、病気や症状が改善されるほか、よりよい成長や発達にもつながります。

当院では西洋医学と漢方医学に加えて、2019年より栄養療法(分子整合栄養医学)を導入しました。これは血液検査で栄養状態を細かく分析し、その結果から食事の改善やサプリメントの摂取を行うというもので、体の持つ本来の力を引き出し、根本的な改善を目指す治療法です。

これにより頭痛や倦怠感で起きられない症状が改善したケースや、幼少期からのアレルギー症状が軽減したケースなども経験しています。

また最近新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、病院に行くことをためらっている方も多いようですが、当院では、空気清浄機を増設し、新たに発熱者専用の診察時間を午前と午後に1時間ずつ設けるなど、より万全な感染症対策に努めています。お電話でご予約の上、安心してご来院ください。

発達障害の相談も多いそうですね。

ほしの小児クリニック 横浜市都筑区 中川駅 小児科 漢方薬 栄養療法

▲大きな窓がある待合室は明るい雰囲気|ほしの小児クリニック(横浜市都筑区)

発達障害は早期に気づいて対処することが大切ですが、それを診断できる施設が少なく、長い間待たされることも多いのが現状です。

そこで専門機関に行くまでの間、栄養療法を行いながら経過をみることを始めています。最近はご相談にみえる患者様も増え、少しずつ手応えを感じているところです。栄養療法のデメリットはほとんどなく、よりよい発達ものぞめるとても有用な方法です。

病気を診るだけでなく、一緒に子育てをする伴走者として、お母様たちを応援したいと思っています。

お話

ほしの小児クリニック 横浜市都筑区 中川駅 小児科 漢方薬 栄養療法

ほしの小児クリニック 院長 星野 千代江 先生

東京医科歯科大学医学部卒業。同大学院博士課程修了。医学博士。東京大学医学部附属病院分院小児科研修医、東京医科歯科大学小児科、トロント大学留学、まつしま病院勤務を経て1999年より現職。

ほしの小児クリニックの他取材記事や基本情報はこちら→

掲載記事がある 幼稚園号 ビタミンママ Vol.89 ご購入↑


▲キッズに優しいお医者さん探しなら↑

SPOT INFO スポット情報

ほしの小児クリニック(都筑区中川)

ほしの小児クリニック

小児科
所在地 神奈川県横浜市都筑区中川1-19-1 中川SOビル4F
TEL
アクセス
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン 中川駅すぐ(交番後ろビル4F)

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 西洋医学と漢方に加えて、栄養療法で不調の根本から改善
TOP