HOME レポート インタビュー 【インタビュー】予防から治療まで、かかりつけ医として安心の医療を
インタビュー 小児科

【インタビュー】予防から治療まで、かかりつけ医として安心の医療を

院長 林 毅陸先生

日本医科大学卒業。日本医科大学武蔵小杉病院、相模更生病院勤務を経て、2004 年ゆめこどもクリニック開院。日本小児科学会認定小児科専門医。医学博士。

予防から治療まで、かかりつけ医として安心の医療を

小児の循環器系を専門に学び、大学病院などで豊富な小児科臨床経験を積んだのちに開業した院長の林毅陸先生。明るく開放的なクリニック内は、季節感たっぷりの飾り付けや広々としたキッズスペースなど、来院した子供たちが思わず笑顔になるようなさまざまな工夫が施されています。かかりつけ医として「気軽に通ってほしい」と話す先生に、クリニックについてお話を伺いました。

的確な診察と迅速な検査で、患者さん家族の不安を解消

――小児科の医師を志し、開業されるまでの経緯を教えてください。

小学校の卒業文集に「医師になりたい」と書いていましたが、残念ながらその理由は覚えていません(笑)。10歳まで札幌で育ち、小学校高学年のときに横浜に引っ越してきたのですが、大きな病気やケガもなく病院には縁のない子供だったので、お医者さんと身近に接した記憶もなくて。ただ、当時テレビで見ていた海外ドラマ『ベン・ケーシー』や『逃亡者』の主人公が医者ですごくかっこよかったので、その影響が大きいかもしれませんね(笑)。理由はともあれ、医師になりたいという気持ちはその後もぶれることはなく、中学、高校でも勉強一筋で医学部に進学しました。大学時代は小児の心臓などを中心とした循環器系を主に勉強しました。小児科医を選んだ理由は、もともと子供好きだったことに加えて、未来を担う子供たちの成長をサポートすることに自分は喜びややりがいを感じられると思ったからです。

大学病院では研修医としてさまざまな診療科を経験し、その後市中病院である相模更生病院の小児科で9年間勤務しましたが、その病院が別の病院と統合することになったのを機に、患者さんともっとじっくり向き合える医者になりたいと考え、開業することを決めました。かつて勤務していた日本医科大学武蔵小杉病院の近くなら、すぐに相談できる先生もたくさんいるので心強いと思い、この場所を選んだのですが、実際は近隣の聖マリアンナ医科大学付属病院や帝京大学溝口病院、川崎市立病院などもとても協力的で助かっています。これまでに数例ですが、心臓や血液の重い病気が疑われる患者さんを受け入れていただきました。

――かかりつけ医として心がけていることはなんですか?

勤務医時代、生まれつき心臓に病気がある先天性心疾患や、川崎病の後遺症として残ってしまった心疾患などで長期にわたり入院している患者さんを治療する中で、重症化を防ぐためには病気の兆候を早く発見し、治療を早く始めることが大切だと痛感しましたから、開業当初から「病気を見逃さないこと」を心がけてきました。子供はとても生命力が強いので、自身が持つ治癒力で治ってしまう病気がほとんどなのですが、ごくまれに重い病気が隠れている場合があるので、そこを見逃さないために患者さんや付き添いのお母さんを質問攻めにしてしまうことも。現在の症状だけでなく、いつからどんな症状があったかを思い出し、伝えてもらえると診断の大きな手がかりになり、的確な検査ができます。

たとえば風邪のような症状でもその期間が長すぎる場合は、風邪以外の理由も考えられるので、白血球の数などがわかるcrp血液検査を行います。ここ数年の間に保険診療で認められる検査キットがかなり充実してきました。今後は当クリニックでもできる限り検査キットの種類を増やして、より迅速な検査体制を整えていくと同時に、検査結果の数字を見せて具体的に説明する「目で見て安心できる診療」にも力を注いでいきたいです。最近は共働きの家族が増え、お母さんだけでなくお父さんやおじいさん、おばあさんが付き添うケースも多いので、検査結果をプリントアウトして渡すこともあります。

また、2年前に導入したインフルエンザの最新分析装置のおかげで、従来の装置では38度以上の発熱後12時間ほど経たないと判明しなかった診断が7~8時間で可能になりました。今後も患者さん家族の負担を軽減できるものは積極的に取り入れていきたいと考えています。

予防接種と健診で、子供を病気から遠ざける

――クリニック全体の飾り付けがとてもかわいらしいですね。

ほとんどが看護師でもある家内のアイデアです。緊張せず楽しく通ってもらえるように季節ごとに待合室の飾り付けを変えたり、具合が悪い子の気分を和ませるために、診察室、処置室、レントゲン室などの壁の一面だけをキャラクターの壁紙にしたり。飾り付け以外にも、BCG予防接種を受ける赤ちゃんを裸のまま待たせるのはかわいそうだから、と片腕を出したまま羽織れる手作りの赤ちゃん衣を準備したり、子供用スリッパだけでなく履きやすいサンダルも用意したり、と医師では気づかないところを看護師目線、母親目線でフォローしてもらっています。

スタッフは現在、家内を含め看護師5名と事務4名で、全員が子育て経験のある女性なので、同じお母さんとして相談に乗れることもあると思います。不安なことがあればいつでもスタッフに声をかけてほしいです。また、ツイッターで診察の混雑状況をお知らせしたり、流行中の病気をフェイスブックにアップしたり、と随時クリニックからの情報を発信していますので、こちらも参考にしてください。

――今後、力を入れていきたいことはどんなことでしょう?

予防医学ですね。「防げる病気はなるべく予防を勧めたい」という思いが年々強くなっています。患者さんをあらかじめ病気から遠ざけることこそが、かかりつけ医としての使命であると考えているからです。

そのため当クリニックでは、一般診療は受付順ですが、予防接種と健診は予約制で週5日、時間を設けています。特に1歳未満の乳児が受ける予防接種は任意のものを含めて8種類、25回以上におよぶので、次に受けてほしい予防接種名と時期は確実に伝えるよう気をつけています。インフルエンザ予防接種の場合は、希望する患者さんとその家族が全員接種できるように、毎年接種の予約時間帯を拡大して対応します。

子供に、自分だけでなく親も一緒に接種する姿を見せることで「予防接種は受けるのが当たり前」だと思ってもらえるとうれしいですね。これからもかかりつけ医として、地域の子供たちの成長をサポートしていきたいです。

先生の横顔

 子供の頃にテレビで見ていたアニメ「忍風カムイ外伝」。最近になり思い切ってブルーレイBOX を購入したのだとか。「大人になってから見ると、子どもの時とはまた違った部分で感動できますね」とはにかんだ笑顔で話します。全6枚組なので話数が多いですが、時間がある時に少しずつ鑑賞し懐かしさに浸っているそうです。

SPOT INFO スポット情報

ゆめこどもクリニック

小児科
所在地 高津区野川3950 久末メディカルビレッジB棟 2F
TEL
アクセス
  • 鷺沼駅・武蔵中原駅より
  • バス久末下車すぐ

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 【インタビュー】予防から治療まで、かかりつけ医として安心の医療を
TOP