HOME レポート 【ビタママレポート】治療の不安を取り除きたい 患者さんの立場を常に考え 納得できるまで相談を
ビタママレポート 耳鼻咽喉科

【ビタママレポート】治療の不安を取り除きたい 患者さんの立場を常に考え 納得できるまで相談を

親子2代にわたって信頼され続ける耳、鼻、喉のかかりつけ医

 昭和46年の開院以来、半世紀近くにわたって地域の健康を守り続けています。実父である前院長からこのクリニックを引き継いだ現院長の鈴木毅先生。大学病院や総合病院の勤務医時代での経験を生かし、地域医療に貢献しています。クリニックには老若男女を問わず多くの患者さんが来院します。診察は原因を探ることから始まり、最適な治療法の選択肢を示しながら、患者さんが一番納得のいく治療法を一緒に考え、進めていきます。その際活躍するのが鼓膜鏡やファイバースコープです。耳の中や喉の奥の状態を診察室内のテレビモニターに映すので患者さん自身も一緒に確認できます。その際、図やイラストも用いて説明するため、患者さんが自らの病状を理解できるのだそう。薬を処方する際にも、なぜその薬を飲む必要があるのかしっかりと説明します。患者さんを一時も不安にさせまいとする姿勢こそが、同院が長年地域に愛される所以です。「子供にもちゃんと説明することが大切です」と穏やかな笑顔で話してくださいました。

 鈴木先生が最近気になっていることのひとつが「大人の低音障害型感音難聴」です。突然耳が詰まったように感じたり、耳に水が入ったような感覚になったりという症状を訴える患者さんが増えており、検査をすると低音域だけが聞こえにくくなっているという病気です。ストレスが一因と考えられており、繰り返すことも多いそう。内服薬で改善する場合が多いため、もし違和感があるのなら早めの受診をと呼びかけています。

SPOT INFO スポット情報

鈴木耳鼻咽喉科医院

耳鼻咽喉科
所在地 麻生区上麻生5-38-5 藤屋ビル2F
TEL
アクセス
  • 柿生駅より徒歩1分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート 【ビタママレポート】治療の不安を取り除きたい 患者さんの立場を常に考え 納得できるまで相談を
TOP