HOME レポート 【ビタママレポート】専門医としてのキャリアを基盤に 最新の医療知識を積極的に吸収 すべては患者さんのために
ビタママレポート 耳鼻咽喉科
スポット
深見耳鼻咽喉科

【ビタママレポート】専門医としてのキャリアを基盤に 最新の医療知識を積極的に吸収 すべては患者さんのために

大好きな子供たちの不安を和らげたい 頼れる「家族のかかりつけ医」

 2歳くらいまでの小児がかかりやすい中耳炎や副鼻腔炎で多くの子供たちが来院します。まだ症状をはっきり伝えることが出来ない子供たちのために、病気の早期発見につながるよう、症状の有無にかかわらず鼓膜の状態を毎受診ごとに記録しています。「早期発見が重要な先天性真珠腫(鼓膜の奥にある空洞に細胞組織などが残ってしまい、それが徐々に大きくなる病気)や、痛みを伴う急性の中耳炎なども、症状が進んでしまう前に発見することが出来ます」と院長の深見雅也先生。特に先天性真珠腫は、進行してしまうと難聴などを引き起こす深刻な病気ですが、症状に気付きにくいのだそう。その他にも、聞こえが悪いようなら滲出性の中耳炎、朝夜に痰が絡んだような咳を続け、長引くようなら副鼻腔炎の可能性があるなど、小児ならではの症状は繰り返す傾向があるため、自己診断をせず、しっかりと完治させることが大切だと言います。また、障害がある子供たちの受け入れにも積極的で、ママたちの口コミで来院する子供たちが増えているそうです。

 地域のホームドクターとして、新しい治療法や医療機器の導入に積極的に取り組み、より的確で負担の少ない診療を患者さんに届けています。長引く難治性反復性の急性中耳炎には鼓膜切開によるチューブの挿入を局部麻酔で行い、副鼻腔炎には可能な限り日帰りでの内視鏡手術、レントゲンではなく超音波検査での診断も行っています。

SPOT INFO スポット情報

深見耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科
所在地 都筑区南山田2-18-2 2F
TEL
アクセス
  • 北山田駅より徒歩10分
  • センター北駅より徒歩13分
  • またはセンター北駅よりバス 南山田2丁目下車すぐ

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート 【ビタママレポート】専門医としてのキャリアを基盤に 最新の医療知識を積極的に吸収 すべては患者さんのために
TOP