HOME レポート ミニレポート 本人が矯正治療を希望。中学受験期に重なっても大丈夫?
ミニレポート 矯正歯科 お医者さん 医療と健康

本人が矯正治療を希望。中学受験期に重なっても大丈夫?

ママが知っておきたい小学生のからだのこと

歯の矯正をしたほうがいい?

矯正治療中でも、学校生活は普通に送れる?

ボーっとしているときに視点が合っていないような気がするのですが?

勉強に集中するあまり、目が悪くならない?

小学生のママ、中学受験を控えるお子さんの、目や歯に関する悩みはつきません。そんな悩みを先生が解消してくれました。


小学生の矯正治療験Q&A

 

本人が矯正治療を希望していますが、中学受験期に重なっても大丈夫でしょうか?(小4女児)

 

子供の矯正治療は前期と後期の2期に分けるのが一般的です。

6~12歳までの乳歯と永久歯が混在する混合歯列期が前期にあたり、ここで上下のあごの大きさやバランスを調整し不正咬合を改善します。12歳ごろから後期治療がはじまるのですが、奥歯(第二大臼歯)が生え揃い、前期治療でしっかり噛み合うまで矯正しておけば、後期治療で抜歯の必要がなくなるなど、負担を軽減できます。

場合によっては後期治療自体が必要なくなることもあります。受け口や噛み合わせのズレはあごの成長に悪影響を及ぼす可能性があるので、気づいたら早めに矯正歯科にご相談ください。前歯は乳歯から永久歯に生え変わるのが早いので、その並びに気を付けて見てあげるといいでしょう。

6~12歳ごろまでに前期治療をすれば中学入学後の後期治療で負担を軽減できます

お話を伺ったのは


アリビオ矯正歯科クリニック
院長 久保田 雅人先生

昭和大学歯学部、同大学院歯学研究科卒業。昭和大学附属歯科病院勤務、同病院総医局長を経て、2008年アリビオ矯正歯科クリニック開院。昭和大学歯科矯正学教室兼任講師。歯学博士。

SPOT INFO スポット情報

アリビオ矯正歯科クリニック

矯正歯科
所在地 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-2-2 ローバーセンター北3階
TEL
アクセス
  • センター北駅すぐ

KEYWORDS キーワード

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート ミニレポート 本人が矯正治療を希望。中学受験期に重なっても大丈夫?
TOP