HOME レポート インタビュー 口の中の健康をトータルでケアする家族のかかりつけ医
インタビュー 歯科 小児歯科 矯正歯科

口の中の健康をトータルでケアする家族のかかりつけ医

院長 八幡 誠先生

鹿児島大学歯学部卒業後、新潟大学歯学部附属病院歯科矯正科を経て、千葉、東京、茨城、神奈川、埼玉の歯科医院にて歯科矯正治療担当医として勤務。2014年3月、荏田ファミリー歯科・矯正歯科開院。歯学博士。

口の中の健康をトータルでケアする家族のかかりつけ医

一般歯科から歯周病、矯正治療、インプラント、審美治療まで幅広い診療をすることで、口の中の健康をトータルでケアする荏田ファミリー歯科・矯正歯科。「地域のみなさんに愛される歯科医院でありたい」と語る院長の八幡誠先生にお話を伺いしました。

家族全員に優しい歯科クリニック

――こちらのクリニックの特長を教えてください。
 特長は虫歯や歯周病の治療のほか、小児歯科、予防歯科、インプラント、入れ歯調整、口臭外来、審美的な治療、そして私(院長)が専門とする矯正治療まで、幅広い診療を行っている点だと思います。院名どおり、赤ちゃんから高齢の方まで、ご家族で通っていただける歯科医院でありたいと考えています。また女性の歯科医師や子育て経験が豊富なスタッフがおりますので、小さなお子様にも安心して治療を受けていただけると思います。 階下の駐車場は、エレベーターでクリニックの前までつながっており、院内はもちろんバリアフリーですから、ベビーカーや車椅子の方も安心してご通院いただけます。

――どんなことに、力を入れていますか?
 一つは、基本的には当院の中でほとんどの治療ができるということです。専門の違う複数の歯科医師が在籍していますし、私も矯正治療を専門に学びながら一般歯科全般の治療に取り組んできましたので、その知識や経験を生かして、患者さんにとってベストな治療計画をご提案しています。矯正治療では、オーソドックスなワイヤー矯正はもちろん、歯の裏側に装置を固定するリンガル矯正、取り外しの可能なマウスピース型矯正装置による治療も行っています。マウスピース矯正は、矯正治療をしていることが周りからわかりにくいというメリットが注目されがちですが、歯科医師としては、取り外しができることで歯磨きがしやすく、口の中を清潔に保つことできるのも大きなメリットだと考えます。費用の点では、ワイヤー矯正だと毎回の調整料が必要ですが、マウスピース矯正は調整料をいただいてないので、総額的にはあまり変わらなくなります。
 最近ですが、マウスピース型の矯正治療装置を作るための最新の口腔内スキャニングマシンを導入しました。これにより従来、必要だった印象材による歯型の採取が必要なく、より精密で正確なデジタルデータによる歯型の採取が可能になり、治療のシミュレーションもできますので、より適した治療計画を立てられるようになりました。

充実した女性スタッフで小さな子供も安心して任せられる

――子供の治療についても教えていただけますか?
 ただ単に虫歯を治すことだけでなく、お子様の成長に合わせたお口の中の健康管理を心がけています。乳歯が生え始める生後6ヶ月頃から大人になるまでの間にお口の中はどんどん変化していきますので、体と心の発達も見ながらできるだけ虫歯ができないよう、日常生活へのアドバイスも行っています。
 また、お子様の矯正でもマウスピース式の簡易矯正装置を取り入れています。シリコン由来の柔らかい素材でできているので装着感が非常に良く、お子様も嫌がらずに装着できます。また、歯並びを悪くしている原因である口周りの筋肉の使い方がマウスピースによって改善されるので、治療後に後戻りする可能性が低くなります。矯正が必要なお子様をお持ちのご家庭のご負担を考慮して、費用もリーズナブルに設定してあります。レントゲン検査がついた無料の矯正相談(予約制)を行っておりますので、大人の方もお子様も、歯並びが気になる方は、ぜひ相談にお出でください。

――診療で心がけていることはありますか?
 しっかりとご説明をすることです。大人の患者さんご本人に説明することはもちろんですが、お子様の場合は保護者の方へ詳しくご説明できるように、治療ユニットの周りのスペースを広めにとってあり、基本的に保護者の方にも治療に立ち会っていただきます。どんな治療をしているのかお子様本人には当然わかりませんから、それを保護者の方に理解していただくことは非常に大切だと考えています。それに、無理をしないことも大切です。お子様の年齢や個性を考慮して治療計画をたてますので、当然それぞれ治療のペースが違ってきます。特に小さなお子様には、まずは歯科医院と歯科医師に慣れてもらうことから始めます。そのためにキッズコーナーがありますし、最初の頃は、口を開けることができただけで治療後のご褒美もあげて、成功体験を積み重ねてもらうようにしています。
 当院ではお子様の治療はできるだけ女性の歯科医師が担当するようにしています。育児経験が豊富なスタッフもそろっていますので、お子様の治療中はもちろん、保護者の方の治療中にお子様の様子を見守ることもできます。治療を終えられたお母様が、クリニックのベテランスタッフに子育ての相談をしている姿もよく見かけますよ。

治療は、土台をしっかりとさせることが大切

――先生はなぜ歯科医師を志したのですか?
 小さな頃から、マンガの「ブラックジャック」などの影響で、医療の世界に興味を持っていました。矯正歯科を専門に選んだのは、自分自身が子供の頃に矯正治療を受けた経験があって、八重歯を治療したことで食事がとてもしやすくなったのがきっかけです。大学の歯学部を卒業したあとに、別の大学の大学院で歯科矯正学を学んで、関東の複数の歯科医院で歯科矯正治療担当医として勤務して多くのことを学ばせていただきました。

――メッセージをお願いします。
 勤務医をしていた頃に、歯並びが悪いことで虫歯や歯周病になり歯を失ってしまった人や、乱れた歯並びの上に被せ物をしたために被せ物が長持ちしないといったことを目の当たりにしてきました。歯の治療も家を建てるのと同じで、いくら良い治療をしても土台がしっかりしていないと長持ちさせることはできません。そこで、矯正治療専門のクリニックではなく一般歯科治療もしっかりとできる歯科クリニックを作って、トータルでケアをしたいとの思いで開業しました。
 口の中のことで何か気になることがおありの方は、どなたでもお気軽にご相談にお出かけください。

先生の横顔

先生の趣味・マイブーム
電車通勤中の読書が楽しみという八幡先生。最近は横山秀夫さん、誉田哲也さん、朝井リョウさんを読破したそうです。お気に入りは、真山仁さんの『ハゲタカ』シリーズをはじめとする経済小説や、池井戸潤さんの『半沢直樹』シリーズのような企業エンターテインメント小説など。読んだあと爽快感が得られるものがお好きだそうです。

SPOT INFO スポット情報

荏田ファミリー歯科・矯正歯科

歯科 小児歯科 矯正歯科
所在地 青葉区荏田西2-14-5 荏田西第2横山ビル201
TEL
アクセス
  • 江田駅より徒歩7分
  • またはバス富士塚下車すぐ(「ハーモス荏田」隣のビル)

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 口の中の健康をトータルでケアする家族のかかりつけ医
TOP