HOME レポート Dr.Mに聞きました!この「ほくろ」取った方がいい?
レポート 美容外科・美容皮膚科 お医者さん 医療と健康

Dr.Mに聞きました!この「ほくろ」取った方がいい?

松井クリニック with Salon M’s(都筑区勝田町)

横浜市都筑区 松井クリニック には、ほくろや粉瘤(アテローマ)、脂肪腫など
良性腫瘍の切除目的で来院される方があとを絶たないそうです。院長 松井先生にお話をうかがいました。

『ほくろ』と一言で言っても、実に多岐に渡っているようです。
一般に黒あざの小さなものが「ほくろ」と呼ばれており、がん化することは
ほとんどないのですが、まれにがん化することあり、メラノーマ(悪性黒色腫)と
呼ばれています。
特に初期のメラノーマはほくろとの区別がつきにくく、専門医による診断が
必要です。

▲丁寧なカウンセリングで、不安を解消(松井クリニック with Salon M’s:都筑区勝田町)

具体的には、「ほくろ」だと思っていたものが『急に大きくなる、色にムラが
ある、形が左右非対称である、盛り上がる、境界がギザギザしている、
辺縁部にしみ出しがある』場合はメラノーマを疑って、すぐに来院してほしいと
松井先生。

良性の場合も、触ったりもんだりしていると、大きくなったり増殖しやすくなるので
自分でいじらないように。

また、先天的な「ほくろ」や毛の生えているもののほうが悪性化しやすい傾向があるので
急に大きくなってきたり、一部が盛り上がってきたら注意。

良性腫瘍である「ほくろ」は基本的には治療を要しませんが、それが目立ち、気になる場合は
取ったほうがよい場合も。
明るい陽射しが差し込む待合室は広々としており、多くの患者さんが訪れても窮屈さを感じさせません。入ってすぐに目をひく数々のアクアリウムにも注目(松井クリニック:都筑区勝田町)
▲色とりどりの熱帯魚が泳ぐ水槽は、患者さんのアクアリラクゼーションに(松井クリニック with Salon M’s:都筑区勝田町)

「ほくろ」を取る方法には、メスで切除する方法とレーザーで焼く方法の2通りがあります。

「切除手術」と「レーザー治療」の大きな違いは、前者は保険適応となることや組織の検査が
可能なことです。後者は自費治療になりますが、非常に簡単にできることや、患者さんに恐怖心を抱かせないことなどどちらの方法も利点欠点があります。

松井クリニックでは、どちらの方法でも「ほとんどきずが目立たないように行う」ことができます、と松井先生。
施術中はパチパチと輪ゴムで弾かれたような軽い痛みを感じますが、先生の説明を聞きながらの約10分間の施術時間はあっという間でした(松井クリニック with Salon M’s:都筑区勝田町)
▲最先端のレーザー機器(松井クリニック with Salon M’s:都筑区勝田町)

いざ、ほくろを取ろう!と決心しても、自分のほくろは健康保険が効くの?傷跡が心配…。レーザー施術は高額になる?などなど、
疑問や心配が湧き上がりますよね。

まずは超熱血『日本形成外科学会専門医』松井先生にぜひご相談ください!

SPOT INFO スポット情報

松井クリニックwith Salon M’s

美容外科・美容皮膚科
所在地 都筑区勝田町324-3
TEL
アクセス
  • 仲町台駅徒歩10分
  • 江田駅・綱島駅よりバス 勝田団地下車すぐ

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート Dr.Mに聞きました!この「ほくろ」取った方がいい?
TOP