HOME レポート メッセージ お医者さんからのメッセージ<秋のアレルギー性鼻炎について>
連載コラム アレルギー科 医療と健康 アレルギー科 耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科

お医者さんからのメッセージ<秋のアレルギー性鼻炎について>

「秋のアレルギー性鼻炎」について、宮前平トレイン耳鼻咽喉科の院長伊東祐永先生からメッセージをいただきました。

ビタミンママでは毎週金曜日にコミュニティFMラジオ局FMサルース(84.1MHz)の番組「SALUS all in one」のワンコーナー「サルオルビタママサロン」(毎週金曜日、13 時 40 分~)にて、地域の話題や情報を提供しています。

9月24日には宮前平トレイン耳鼻咽喉科の伊東先生に「意外と知らない秋のアレルギー性鼻炎について」お話していただきました。当日うかがいきれなかったお話も交えお伝えします。

<秋はアレルギー性鼻炎が悪化する季節って本当?>

秋はアレルギー性鼻炎や喘息がとても悪化しやすい季節なのです。

アレルギー性鼻炎の主な原因はスギ・ヒノキ花粉とハウスダストですが、ハウスダストの中でもダニに対するアレルギーが最大の原因です。ダニアレルギーは主にダニの糞や死がいで引き起こされます。ダニ自体は梅雨の6月から急に増えて、8月にピークを迎えます。しかし、8月の暑さが終わるとともにダニが死んで大量の死がいが発生し、ハウスダストの中のアレルギーを起こすダニの成分はさらに増えて10月にピークを迎えます。

秋の花粉症にはブタクサ花粉症、ヨモギ花粉症がありますが、秋にアレルギー症状が悪化する原因としてはダニの方が多いと言えます。秋の花粉症かどうかは採血で確認するとわかりますが、秋の花粉症の方もダニアレルギーを伴う方が多いです。

 

<対処法は?>

「季節の変わり目にアレルギーが悪くなる」と自覚している人の大多数はハウスダスト、特にダニアレルギーが強く、秋は特に適切な治療・対策が必要です。

すでに秋になっていて、ダニは死がいになっています。つまり、ダニを殺す対策はあまり有効ではありません。ダニを殺す、増やさない対策をするのであれば6-7月が大事です。

症状が出ている方が、薬での治療をしないで布団や部屋の大掃除をするのはおススメしません。かえって症状が悪くなりがちです。
薬での治療を優先し、症状が治まった後に、窓を全開にしてマスクを着用して大掃除をするのは有効です。湿度が低く、天気の良い日が最適です。可能であればアレルギーがないご家族に掃除してもらえれば安心です。

 

<舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)」という体質を根本的に治す治療>

ダニアレルギーとスギ花粉症についてのみですが、「舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)」という体質を根本的に治す治療があり、とてもおすすめです。

ダニアレルギーの成分やスギ花粉のエキスが錠剤になっていて、3年~5年間毎日舌の下に服用することで、アレルギーが治ったり大幅に軽くなったりします。正しく治療すれば、安全に実施できる治療で、とてもおすすめです。

しかしながら、あまり普及していない治療で、それにはいくつもの理由があります。

まずは本格的に治療が始まって数年しかたっておらず、知名度が低いことです。「舌下免疫療法」という名前を聞いたことがない、名前は聞いたことがあるけれど…という人のほうが多いと思います。

「のど元過ぎれば熱さを忘れる」というコトワザがありますが、辛い時になんとかしたいというのが人間の本能です。しかし舌下免疫はそのような時には開始してはならず、むしろ辛さがすっかり収まってから開始すべきなのです。ここをどうクリアするかが、医者の腕の見せ所で、私は辛いときにまずは舌下免疫のお話をちらっとしておいて、開始に適したタイミングになったら、舌下免疫の話を再度行い、興味がある方の背中を押すように心がけています。

例えばスギ花粉症の方ですと、春には開始できず、5月-10月くらいが開始するタイミングとなります。ダニアレルギーの方も、とても状態が悪いときはしばらく普通の薬での治療をして、すっかり良くなったころに開始します。

 

<アレルギー性鼻炎と睡眠について>

睡眠時間は健康維持のためにとても重要ですが、残念ながら日本人は主要国の中で睡眠時間が最短というデーターがあります。また、なんと神奈川県民はそんな日本の中でさらにワースト1との調査があります。

神奈川県民は通勤通学時間がとても長いというのが、睡眠不足の最大の理由ではあります。

アレルギー性鼻炎があると、鼻づまりを起こし、眠りは浅くなってしまいます。つまり睡眠が質・量ともとても悪いということになります。したがって、アレルギーをうまくコントロールしたり、根治することはより重要です。

アレルギーの薬というと「眠くなる」からなるべく飲みたくないという方がいるかと思います。また「眠くならない薬」は効き目が弱いと思っている方もいるかもしれません。

ここ数年、眠気が全くないのに効果がとても良い薬がいくつも登場しています。いずれも市販薬にはなっていない薬で、宮前平トレイン耳鼻咽喉科ではそのような薬を処方しています。

生活上の注意点のご相談や、舌下免疫療法も数百人の方に実施しています。春の花粉症だけでなく、秋にくしゃみ、鼻水、鼻づまりを感じて、なんとかしたいと思う方は是非、宮前平トレイン耳鼻咽喉科にご相談ください。

 

 

宮前平トレイン耳鼻咽喉科 伊東祐永先生

宮前平トレイン耳鼻咽喉科(川崎市宮前区)

SPOT INFO スポット情報

宮前平トレイン耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科 アレルギー科
所在地 川崎市宮前区小台2-6-6 宮前平メディカルモール3F
TEL
アクセス
  • 宮前平駅より徒歩30秒

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート メッセージ お医者さんからのメッセージ<秋のアレルギー性鼻炎について>
TOP