HOME レポート 座談会 【座談会2017】在園児ママ
座談会 バイリンガル幼稚園 & プリ 横浜市都筑区

【座談会2017】在園児ママ

メンバー

  • Aさん

    (年中男児のママ)

  • Bさん

    (年少男児のママ)

  • Cさん

    (年々少女児のママ)

このスクールを選んだ理由を教えてください

Aさん 夫婦ともに英会話があまり得意でないため、職場等で苦労することも少なくありません。そこで、息子にはちゃんとした英語力を身に付けてほしいという思いを切実にもっていたんです。ある日ふと「日々成長する我が子に対して、影響を与える存在が私だけでいいのだろうか?」という疑問を持ったんです。息子と二人きりの生活に少し閉塞感も感じていました。そこで、前から気になっていたキティインターナショナルスクールへ見学に行き、体験レッスンを受けたんです。とても家庭的な雰囲気で、私も息子もとてもリラックスできたことが印象的でした。初めからインターナショナルスクールに入れようと思っていたわけではないのですが、先に述べたように、英語教育の重要性を感じていたこともあり、渡りに船という思いで、生後11カ月から通い始めました。

Bさん 幼稚園入園前に集団生活に慣れさせたいという気持ちと、息子自身が夢中になれるものを見つけてあげたいという思いから、さまざまな習い事の一日体験コースに参加しました。ジャンルにこだわらずスポーツ系、音楽系など30以上のスクールに足を運んだでしょうか?その中で、唯一「もう一度行きたい」と息子が言ったのが、KISのプリスクールでした。2歳の子どもなりに「ここがいい」という思いを抱いたのならその理由があるはず、親としてその気持ちを尊重しよう、と週2回3時間のクラスに入学しました。プリスクールは2歳の1年間だけで、そのあとは普通の幼稚園に通い始めたのですが、数カ月すると、「またKISに行きたい」と息子が言うのです。3歳児のつたない説明を拾い集めながら徐々に分かったことは、キティインターナショナルスクールは子ども一人一人の意見や考えを大切にしてくれるスクールで、その点を息子はとても気に入っていた、ということでした。本当に息子に合っているのはここだったのではと、思い切って再入学しました。私がフルタイムで仕事をしているので、キンダーガーテンの定期延長コースに通っています。最大で8時半から18時半まで預かっていただけるので、とても助かっています。

Cさん 夫が外資系の企業に勤めていることもあり、英語の必要性は以前から感じていました。娘に合うプリスクールがあればと、2歳になる頃いくつかのインターナショナルスクールを見学したのですが、こちらの子どもたちがとても楽しそうに、そして自然に英語でコミュニケーションを取っていているのを見て驚きました。娘もいつかこんな風にさまざまな国の人たちとコミュニケーションを取れるようになってほしいと思い、通い始めました。家庭内ではほぼ日本語で生活していますが、おやつを食べるとき「Looks yummy!」などスクールで覚えた簡単な会話が自然に出てくるようになりました。英語が得意な主人が帰宅するのを待って、英語で会話するのがとても楽しいようです。

「このスクールでよかった!」と思ったエピソードを教えてください

Aさん 息子は5歳になりましたが、生後11ヵ月とスタートが比較的早かったせいか、発音の良さを褒められることが多いです。家庭ではほぼ日本語で生活していますが、「やめて!」などとっさの一言は「stop!」「wait!」が自然に出てきます。また一人遊びで盛り上がってくると、独り言は英語です(笑)。ディズニーチャンネルを見るときは英語、ドラえもんを見るときは日本語がしっくりくると話していて、息子なりに二つの言語を感覚的に使い分けているようです。ネイティブのママと息子の会話に私はついて行けず、英語力は完全に息子に追い越されました。スクールには児童英検の対策講座もあり、積極的に取り組む子も多いようです。息子は公立の小学校に進む予定ですが、入学後も小学生コースに通い英語力をキープするつもりです。

Bさん 少人数でアットホームな雰囲気の中、上級生が年下の子を自然に手助けしている様子がよく見られます。息子がまだ小さかったときは、着替えを手伝ってくれる専属のお兄さん、お姉さんがいていつもお世話してもらっていたようです。その経験が心を育ててくれたのでしょう。言われなくても息子は自然に年下の子のお世話をしたり気遣ったりできるようになりました。また、先生方は子どもの自主性を大切にしながら、「やりなさい」と指示するのではなく、「やりたい!」と思う気持ちをじっくり育ててくださる方ばかりです。子どもが悪いことをしたときは頭ごなしに「ダメ」ではなく、対等な立場で「こうすればいいんじゃない?」と提案してくださるので、素直に受け入れることができるようです。

Cさん 娘はプリスクールに通い始めて半年間はずっと教室の隅に立ったままだったそうです。送って行ったときとお迎えに行ったとき、娘が立つ位置が変わってないのです。正直とても心配でしたが、「しばらく様子を見ましょう」と話す先生方を信じてお任せすることにしました。すると半年後に、突然笑顔で歌って踊る娘の姿を見ることができたのです。先生方は、小さな子どもにもそれぞれ意志や感情があり、それは尊重すべきものだ、というお考えで、慎重な娘が活動に参加する気持ちになるまで、無理強いすることなく温かな目で待ってくださったのです。その間は、いろいろな先生がそれぞれの方法で娘にアプローチし、どんな方法が娘にあっているのかを模索し続けてくださっていました。娘の本当の思いを見極めて、適切な対応をしてくださった先生方にはとても感謝しています。

ページ 1 2

SPOT INFO スポット情報

KITTY INTERNATIONAL SCHOOL (KIS)

バイリンガル幼稚園 & プリ
所在地 横浜市都筑区茅ケ崎東3-17-40-1F
アクセス
  • センター南駅より徒歩5分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート 座談会 【座談会2017】在園児ママ
TOP