HOME レポート メッセージ 「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に言えるやさしい心を育てる
メッセージ 川崎市中原区 幼稚園・幼児園
スポット
大楽幼稚園

「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に言えるやさしい心を育てる

大楽幼稚園 川崎市中原区 幼稚園 真言宗智山派大楽寺

▲大楽幼稚園:川崎市中原区

大楽幼稚園は、1953年、大楽寺の住職だった私の祖父が、「教育施設を作って地域に貢献したい」との思いから、お寺の敷地内に開園しました。

当初より、特に大切にしてきたのが道徳教育です。しっかりとあいさつができ、「ありがとう」や「ごめんなさい」と素直に言える子、人に迷惑をかけず、進んで善い行いをする心の育成と共に、思いやりの心、子どもらしい明るさ、積極性も育みます。

一人一人に丁寧に目を配り、良いことをしたら大いに褒め、間違ったことをしたときには教え諭す、この姿勢が当園の教育の原点です。

大楽幼稚園 川崎市中原区 幼稚園 真言宗智山派大楽寺

▲学年最後の年少さんの制作は自画像です。季節ごとに数多くの制作を行うので、クレパスやハサミ、ノリの使い方や後片付けもバッチリ。(大楽幼稚園:川崎市中原区)

幼稚園の3年間は集団ルールを身につけ、社会性を育む大切な時期です。そして、人としてのベースが築かれる時期ですから、心と体と知能を健全に成長させるためにさまざまなカリキュラムや行事を行います。

例えば、鍵盤ハーモニカの演奏を中心とした音楽の授業や、園長の私が直接指導に当たる習字などを通して集中力や感性を磨き、体育専任の先生による体操教室で強い体を作ります。

大楽幼稚園 川崎市中原区 幼稚園 真言宗智山派大楽寺

▲運動会は10月、等々力アリーナで開催。年長さんの鼓笛は圧巻です!(大楽幼稚園:川崎市中原区)

2020年度からは、年中さんと年長さんを対象に、英会話の授業も開始しました。グローバル化が進む世の中で、小学校入学後も戸惑うことなく英語の授業に臨めるように、まずは歌やダンスを取り入れた楽しいレッスンでネイティブの先生の本物の発音に触れることから始め、卒園までには簡単なあいさつや会話もできるようになります。

大楽幼稚園 川崎市中原区 幼稚園 真言宗智山派大楽寺

▲園庭で動物たちと触れ合える移動動物園。(大楽幼稚園:川崎市中原区)

コロナ禍で行事は一部中止したものもありますが、運動会や学芸発表会など、子どもたちが日々懸命に練習に取り組み、楽しみにしている行事は、感染防止対策を徹底した上で、形を工夫して行っています。

共働きの家庭が増えているなか、給食の手配、預かり保育、降園時の園バスの運行など、私たちでできるサポートは可能な限り行います。9~10月の見学会で子どもたちのイキイキとした普段の姿をご覧ください。

お話

大楽幼稚園 川崎市中原区 幼稚園 真言宗智山派大楽寺

大楽幼稚園 園長
佐藤 教寛 先生

大楽幼稚園の他の取材記事は▶


大楽幼稚園 川崎市中原区 幼稚園 真言宗智山派大楽寺幼稚園号 ビタミンママ Vol.89 ご購入はこちら

SPOT INFO スポット情報

大楽幼稚園

川崎市中原区
所在地 神奈川県川崎市中原区木月4-22-32
TEL

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート メッセージ 「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に言えるやさしい心を育てる
TOP