HOME レポート メッセージ 豊かな自然に触れるなかで「観」「感」「勘」を育てる
メッセージ 川崎市中原区 幼稚園・幼児園
スポット
平間幼稚園

豊かな自然に触れるなかで「観」「感」「勘」を育てる

平間幼稚園 川崎市中原区

▲平間幼稚園:川崎市中原区

自然豊かな環境のもと、四季の移り変わりを肌で感じながら、子どもたちは元気にのびのびと過ごしています。

毎日のなかで大切にしているのは、3つの「カン」を育てること。ひとつ目は「観」。五感に触れながら自分の目と心でしっかり物事を見ることです。例えばかぼちゃやごぼう、レモンなど15~16種類の野菜や果物を用意します。これを手に取って肌触りを感じたり、切って中身を模写したり、においをかいでみたり、ときに調理して食することもあります。

このような経験に加え、さまざまな行事での体験から、ふたつ目の「感」、豊かな感性を身につけます。

平間幼稚園 川崎市中原区

▲造形活動で年少さんはフィンガーペイントに挑戦。自由な発想で作品を仕上げます(平間幼稚園:川崎市中原区)

年長の7月に富士山で林間保育を行いますが、五合目から見る富士山の姿、流れていく雲、気圧が低いなかでなかなか割れないシャボン玉など、普段、目にすることがない景色や体験に魅了され、その感動は深く心に刻まれます。

林間保育に向けた練習として年中から日常の保育のなかにグループ行動を取り入れ、幼稚園で1泊するお泊まり会を行います。ほかにも縄跳びとマラソンを融合した縄ラン大会や、ひとみ座による人形劇鑑賞、日常的な縦割り保育など、さまざまな体験によって3つ目の「勘」を働かせる力に結びつけます。

平間幼稚園 川崎市中原区

▲書道教室では筆使いなどを学び文字への興味を育みます(平間幼稚園:川崎市中原区)

当園は幼稚園・保育所のなかでは日本で初めて、水泳教室を導入しました。年少は隔週、年中・年長は毎週、エポックスイミングスクールで指導を受けます。

また、マット運動や鉄棒、ボール遊びなど、目標に向かって繰り返し練習に取り組む体育教室や、年少の10月から始まる縄跳び教室、ネイティブ講師が担当する英会話教室、日本の伝統文化に触れ、文字への興味につなげる書道教室など、正課の特別活動が豊富なのも特長です。

平間幼稚園 川崎市中原区

▲日ごろのスイミングの成果は水上運動会で。障害物競泳や玉入れで盛り上がります(平間幼稚園:川崎市中原区)

絵本を読んだり、絵を描いたり、お友だちと歌ったり、体を使って仲良く遊んだり。この時期にしかできないたくさんの活動を通して、「のびのび、すくすく」育ってほしい。それが私たちの願いです。

お話

平間幼稚園 川崎市中原区

平間幼稚園 園長
野口 友子 先生

平間幼稚園の他の取材記事は▶


幼稚園号 ビタミンママ Vol.89 ご購入はこちら

SPOT INFO スポット情報

平間幼稚園

川崎市中原区
所在地 神奈川県川崎市中原区上平間550
TEL

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート メッセージ 豊かな自然に触れるなかで「観」「感」「勘」を育てる
TOP