HOME クチコミ 座談会 【座談会2017】在園児ママ
クチコミ 近隣の附属園 幼稚園・幼児園 横浜市青葉区 子供の教育

【座談会2017】在園児ママ

メンバー

  • Aさん

    年少女児、年長女児のママ

  • Bさん

    年中男児のママ。小2の姉も幼稚部から入園

  • Cさん

    年長男児のママ。小3の姉は小学部から入学

  • 澤本 敦先生

    桐蔭学園幼稚部園長

この園を選んだ理由を教えてください

Aさん 幼稚部から高校や大学までの一貫教育であることが魅力でした。私自身が私立の一貫校に通い、学校生活を共に過ごす中でかけがえのない友人がたくさんできたので、娘たちにもぜひ同じ経験をさせたかったんです。説明会に訪れた際に目にした、自然あふれる広大な敷地にも一目ぼれしました。

Bさん 長男の園選びをしている中で、「最後までやり抜く」という校訓にとても惹かれました。我が家の子育てのモットーと同じだったので!一貫校ですから、小学校、中学校と進んでも、教育の軸がぶれないところが決め手でした。社会に出るといろんなことを経験します。楽しいことばかりではないでしょうし、何事も最後までやり抜く精神力を身につけてほしかったんです。
小学校への準備期間という考え方も魅力でした。自らすすんで勉強ができ、楽しんで学ぶことが出来れば今後子供たちにとって大きな財産になると思うんです。そういった姿勢が自然に身につくところが素晴らしいと思いました。

Cさん 今3年生の娘は、自宅から近いという理由で別の園に通い、小学部を受験して入学しました。入学後、授業参観などに訪れると、発言や活動を通して積極的に参加しているのは、幼稚部から入学してきた子供たちが多いという印象を受けました。そこで現在年長の長男のときは迷わず幼稚部から入園させました。幼稚部の子供たちが、しっかり先生の顔を見て、体を向けてお話を聞いている姿を見たときは驚きました。

「この園でよかった!」と思ったエピソードを教えてください

Aさん 年少さんの発表会で、しっかりと自分の役を演じているのを見たときですね。「さつまのおいも」のおいも役をやりました。学芸会は各学年2クラスずつが合同で発表しますが、別クラスの子供たちとも協力し合っていた点にも感心しました。
下の娘は初の学芸会で緊張するかと思いきや、「楽しみ!」と目を輝かせていました。度胸がついたなぁ!と家族もびっくり。行事を乗り越えるたびに積極性を身につけ、行動力がつき、責任感が増し…。「うちの子、こんなにできたかしら」と感じることが多々あります。通常のカリキュラムもこなしながら、行事の練習もして…。親としては大変そうだと感じますが、当の本人は心底楽しそうなんです。

澤本園長 実は学芸会は一年間の集大成。それまでの生活態度や運動会などの行事での子供たちの頑張りを担任がしっかりと把握し、演目を決定します。年長組になると、演劇の他に「喜びの歌」を日本語とドイツ語で歌い、さらに鍵盤ハーモニカでの演奏も行うのが恒例ですから、練習にも力が入ります。
また、クラス合同で活動することにより、固定されがちな友達関係の幅を広げます。新しいお友達と一からコミュニケーションをとることで社会性も身につきます。

Bさん 例えば、「年少だからまだ早い」といったような決めつけがないですよね。年少さんが年中・年長さんをお手本に頑張っている姿を見ていると、母子で過ごすよりも、もっと意味のある時間を過ごせているのではないかと感じます。うちの子供たちのときは年中からの受け入れのみだったので、少し残念!年少さんからお世話になりたかったです。

印象に残っている桐蔭学園幼稚部ならではの取り組みはありますか?

Cさん 年中の秋頃から配られる「がんばりカード」ですね!なわ跳び、ボール、鉄棒といった項目を見ると、あや飛び、逆上がりなど園児には少し難しいのでは、と感じる内容もあります。少しでも困難を感じると「僕、できないから…」と後ろに隠れてしまう息子に、この「がんばりカード」…、むしろ自信をなくしてしまうのでは?と心配していました。ところが、どんどんできた証のシールが増えていき、これにはびっくりでしたね!

Bさん 30項目以上もあるカードなので、我が家も「がんばらないカード」になってしまうのでは、と心配でした(笑)。でも、子供は、その子にとって少し難しいことを乗り越えるごとに、自信をつけていくんですよね。そしてお友達と先生の存在の偉大さ!励ましてくれたり、競ったりと、まわりがシールを取らせてくれる感じでした。年中、年長と長いスパンで目標を達成していく喜びを教えてくれるこのカードは本当に意味のあるものだと思います。

Bさん 確かに少し難しい項目もありますね。できた子は、先生やお友達の前でその成果を発表します。もちろん一人一人の進み具合を見ながら、担任が声掛けをしたり、難関項目には特別に練習時間を設け、取り組み方を教えたりとフォローし、できた子はしっかりと褒めます。
カードが配られると、みんな一生懸命に練習しますから、その子の頑張りをみんなが知っていて、応援にも熱が入るんです。私が通りかかると、「○○くんができたよ!」と自分のことのようにお友達の成果を報告してくれる子がたくさんいて、とても嬉しく思います。全て達成した子には賞状が授与されますが、ほとんどの子が表彰されるんですよ!

ページ 1 2

SPOT INFO スポット情報

桐蔭学園幼稚園
(2020年度より改称予定)

横浜市青葉区
所在地 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
TEL
アクセス
  • 東急田園都市線市が尾駅・青葉台駅または小田急線柿生駅よりバス
  • 桐蔭学園前下車
  • 東急田園都市線・横浜市営地下鉄あざみ野駅または小田急線新百合ヶ丘駅・柿生駅よりバス
  • もみの木台下車徒歩10分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME クチコミ 座談会 【座談会2017】在園児ママ
TOP