HOME レポート メッセージ 少人数制ならではの手厚い保育で感謝と思いやりの心を育てる
メッセージ 横浜市青葉区 幼稚園・幼児園 子供の教育
スポット
田園江田幼稚園

少人数制ならではの手厚い保育で感謝と思いやりの心を育てる

田園江田幼稚園 横浜市青葉区 田園江田教会

▲田園江田幼稚園:横浜市青葉区

田園江田幼稚園は、地域の子どもたちのために、田園江田教会の付属幼稚園として開園しました。「豊かな遊び」「思いやりの心」「大切な身体」「キリストの愛」の4つのことを大切にして保育を行っています。教会の牧師が園長を兼任しています。

田園江田幼稚園 横浜市青葉区 田園江田教会

▲年中さんから始まる「体育あそび」を年少さんが親子で体験(田園江田幼稚園:横浜市青葉区)

幼児期に最も大事なことは十分に遊ぶことです。登園後は約1時間半、自由遊びを楽しみます。学年やクラスの枠を超えて過ごすことで、好奇心や自主性、挑戦の心を育むのはもちろん、神さまが一人一人を違うように造ってくださり、一人一人を愛してくださっていることを日々伝え、違いを認め合う大切さも学びます。

保育は少人数制でアットホームな雰囲気の中で行っています。全保育者が全園児の顔と名前、個性がわかります。自由遊びの時、園児たちは近くにいる保育者に見守られながら遊びます。子どもたちも、そして保護者の方々も、どの保育者でも大丈夫と安心していただいています。

保育後、保育者たちは園児たちの「遊び」の様子を共有しています。

田園江田幼稚園 横浜市青葉区 田園江田教会

▲年長さんの「お店屋さん」には、年中・年少さんがお客さんに(田園江田幼稚園:横浜市青葉区)

コロナ禍となった2020年度は、4月から約2カ月休園になりました。直接会えなくても元気に過ごしてほしいとの思いから、担任が各家庭に電話をかけたり、保育者たちのメッセージや手遊び・体操などを収録したDVDや制作キットの郵送をしたり、私たちにできることを職員みんなで考え実行しました。

園再開後は、徹底した消毒はもちろん、日常の楽しさを維持できるよう、プールの代わりに水遊びコーナーを作ったり、5月に予定していた1泊のキャンプを9月のデイキャンプに変更したりしました。

子どもたちに我慢だけをさせるのではなく、「工夫すればできる!」という前向きさ、明るさを伝えたいと考えています。

田園江田幼稚園 横浜市青葉区 田園江田教会

▲1泊2日のキャンプはデイキャンプに変更。御殿場で沢登りやマシュマロ焼きなどを体験しました(田園江田幼稚園:横浜市青葉区)

隣接する教会に成人した卒園生が遊びに来たとき、留学中にコロナ禍となり心細い思いをしたけれど、毎日のお祈りが救ってくれたと話してくれました。田園江田幼稚園は卒園してからもずっと繋がっていられる幼稚園です。

お話

田園江田幼稚園 横浜市青葉区 田園江田教会

田園江田幼稚園

園長 宗野 鏡子 先生
副園長 半澤 納帆 先生

田園江田幼稚園の他の取材記事は▶


田園江田幼稚園 横浜市青葉区 田園江田教会幼稚園号 ビタミンママ Vol.89 ご購入はこちら

SPOT INFO スポット情報

田園江田幼稚園

横浜市青葉区
所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田町474-1
TEL

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート メッセージ 少人数制ならではの手厚い保育で感謝と思いやりの心を育てる
TOP