HOME レポート メッセージ 6000㎡の広大な敷地で健やかに知的にのびのびと
メッセージ 横浜市青葉区 幼稚園・幼児園
スポット
藤が丘幼稚園

6000㎡の広大な敷地で健やかに知的にのびのびと

横浜市青葉区 藤が丘幼稚園

▲藤が丘幼稚園:横浜市青葉区

「かけがえのない幼児期を過ごす」にふさわしい、最高の環境づくりを行う藤が丘幼稚園。眺望の良い丘の上にある6千㎡という広大な敷地に建つ南向きの明るい園舎、広々とした園庭では、子どもたちの幸せそうな笑い声が絶えません。

横浜市青葉区 藤が丘幼稚園

▲大人気の「ふじがおか号」は、全身を使って遊べる大型遊具です。(藤が丘幼稚園:横浜市青葉区)

園の教育は、3つのカリキュラムをもとに行っています。

「しつけ教育」は、あいさつが自然にできるように指導し、また人の話をきちんと聞くことも大事にしています。「音楽教育」は、多くの音楽に触れて、音感やリズム感を養います。専任講師の指導のもと、さまざまな楽器に挑戦。基本の操作を覚え、正しい姿勢で演奏することを学びます。ダンス専任講師の指導もあり、リズムを感じ、体で表現することの楽しさを知ります。中でもヒップホップダンスは子どもたちに大人気です。

横浜市青葉区 藤が丘幼稚園 width=

「水泳・体育指導」は、初代園長が「子どもは健康でいることが一番大切」との思いからはじめ、水泳は約45年、体育は約50年以上続く伝統です。

「水泳」は、25m完泳を目標に、全園児が付属の「エンゼルスイミング」に園バスで通い、年間を通してコーチの指導を受けます。3年間続けることで水泳が大好きになり、卒園後も通い続ける子がたくさんいます。「体育」は、マット運動、跳び箱、鉄棒、縄跳びなどを行い、瞬発力と運動能力を養います。

横浜市青葉区 藤が丘幼稚園

▲近隣の畑でのお芋掘り。掘ったお芋はおうちへ持ち帰るほか、後日、みんなで蒸し立てほかほかをいただきます。(藤が丘幼稚園:横浜市青葉区)

さらに、2021年9月からは、月、火、木、金の週4日の自園調理給食がスタートします。栄養バランスを考えた献立を、安心・安全の食材を使って園内で調理しますので、温かくて出来立てのおいしさを楽しめることになり、子どもたちの健やかな成長と健康増進に役立てていきます。

旬の食材をふんだんに使うことで、食への興味が広がり、さらにみんなで同じものをいただくことで、好き嫌いを減らします。配膳や片付け方、バランスの良い食べ方(三角食べ)など、食事に関するマナーも身につけるなど、しつけ教育にもつなげていきます。

お話

横浜市青葉区 藤が丘幼稚園

藤が丘幼稚園 理事長/園長
吉濵 美代子 先生

藤が丘幼稚園の他の取材記事は▶


幼稚園号 ビタミンママ Vol.89 ご購入はこちら

SPOT INFO スポット情報

藤が丘幼稚園

横浜市青葉区
所在地 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目37-7
TEL

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート メッセージ 6000㎡の広大な敷地で健やかに知的にのびのびと
TOP