HOME レポート メッセージ 【 メッセージ】子ども主体の教育を実践しています
メッセージ 幼稚園・幼児園 近隣の附属園
スポット
和光鶴川幼稚園

【 メッセージ】子ども主体の教育を実践しています

お話 園長 加川 博道先生

豊かな自然の中での遊びと学び、本物へのこだわりを大切にし
子ども主体の教育を実践しています
2018年度より長期休みの預かり保育始めました

 本園の特長は伸び伸びとした子ども主体の教育です。子どもにはそれぞれのよさがありますから、個々の発想力や好奇心に着目し、それを伸ばす取り組みをしています。そして「本物」に触れることをとても大切にしています。例えば木工作の際、年少はカナヅチを、年長になるとノコギリやクギ抜きも使います。本物の道具を安全に使うことで、自らを守り、他者への配慮も学ぶことができるのです。

町田市真光寺 和光鶴川幼稚園:木工作では道具の使い方から丁寧におそわり、年長になる頃には、木工作の材料の切り出しも自分たちで行います

▲木工作では道具の使い方から丁寧におそわり、年長になる頃には、木工作の材料の切り出しも自分たちで行います〜和光鶴川幼稚園(町田市真光寺)

 年長のあるクラスでは、その大工道具を駆使して「パン屋さん」を開店。パン棚・トングかけ・看板・丸テーブルを木工で作り、みごとに「パン屋さん」を作り上げました。(詳しくは次ページ)
 もう一つのクラスで作ったのは「不思議な海の世界」。教室に入ると、そこは天井から下がる張り子のジンベイザメやペンギン、アザラシが泳ぐ「海中」空間。ふと見るとヒトデやチンアナゴもいます。5歳児が引く「潜水艦」に乗っての海中探検には、パン屋さん同様、年少・年中の子たちが大はしゃぎ。保護者のみなさんも大感激でした。「ママあのね、やってみたいことって本当にできちゃうんだよ」。そんなふうにつぶやいた子どもたち。そこで得られた達成感・自己肯定感が生きる力を育むのだとあらためて思うのです。
 「緑豊かな環境」も当園の自慢です。雑木林や約800坪の「風緑の丘」は人間の手を加えすぎていない自然が残る素晴らしい環境です。子どもたちは四季を全身で感じながら遊びます。広い畑もあり、土作りから、子どもと一緒に行っています。年間で20種類以上の野菜を育てます。

町田市真光寺 和光鶴川幼稚園:子どもたちが土作りから携わり畑で育てた大根は、園で調理して美味しくいただきます

▲子どもたちが土作りから携わり畑で育てた大根は、園で調理して美味しくいただきます〜和光鶴川幼稚園(町田市真光寺)

 ここは、さまざまな体験を通して、人とつながることの喜びや難しさを学び、成長していく場です。私たちは、保護者の方と一緒に心身ともに健全な子どもの育成に全力で取り組んでいます。
 「幼稚園が終わったあとの大きなおうち」をコンセプトに、預かり保育「やどかり」を始めて7年になりますが、今年から本格的に利用時間を拡充(朝8時~・夕方~6時半)、長期休みの預かりも始めました。共働きのご家庭にも好評で、保育園から移ってこられた方もいらっしゃいます。園生活から一息つき、ゆったりすごすことのできる環境です。

SPOT INFO スポット情報

和光鶴川幼稚園

近隣の附属園
所在地 東京都町田市真光寺町1271-1
TEL

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート メッセージ 【 メッセージ】子ども主体の教育を実践しています
TOP