HOME レポート ミニレポート 仏教を基盤とした情操教育で育まれる感謝の気持ち
ミニレポート 幼稚園・幼児園 川崎市中原区

仏教を基盤とした情操教育で育まれる感謝の気持ち

月影学園(川崎市中原区)

月影学園(川崎市中原区)

 

仏教を基盤にした情操教育も大切にしています。週に1回、仏様に手を合わせて、説法を聞く「集会(しゅうえ)」の時間では、園内の大ホールに全園児が集まります。

仏様に灯明を奉納する「献灯(けんとう)」を行う際は、数名の子供たちが、ろうそくを持って仏様をまつってある壇上に上がります。
その間、ほかの子供たちはきちんと座り、静かにその様子を見守ります。ろうそくのやわらかい灯りがともるホールは神秘的な空間に。

みんなで園歌を斉唱したら、浄土宗の僧侶でもある副園長先生のお話が始まります。
この日は、感謝をすることの大切さについて。

“世界には飢餓や紛争で苦しんでいる子供たちがいます。自分たちの生活が当たり前の幸せだと思わずに、目に見えないことにも目を向けることが大切です。”

自分たちが今日一日つつがなく過ごせたことに、『ありがとう』の気持ちを持ちましょうと、お話ししました。「難しい内容かもしれませんが、ゆっくりと心を込めて伝えていくことでニュアンスだけでも感じてくれれば」と副園長。

子供たちが降園の際に言う「ののさま、ご先祖さま、今日も一日ありがとうございました」という言葉の意味も丁寧に教えてくれました。

月影学園(川崎市中原区)

(取材:2018年1~3月)

SPOT INFO スポット情報

学校法人 月影学園幼稚園

川崎市中原区
所在地 神奈川県川崎市中原区木月1-6-36
TEL

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート ミニレポート 仏教を基盤とした情操教育で育まれる感謝の気持ち
TOP