HOME お知らせ 発達障害の療育を支える大型遊具。遊びながら「感覚・運動リズム」を 整える。
お知らせ 子供の相談 子供の発達

発達障害の療育を支える大型遊具。遊びながら「感覚・運動リズム」を 整える。

発達相談 武蔵新城 川崎市中原区

アートチャイルドケア SEDスクール 

全国に保育所を運営しているアートチャイルドケアは、その経験のなかで「発達障害の子どもを対象にしたケア=療育」の必要性を痛感し、これを専門的に行う「アートチャイルドケアSEDスクール」を開校しました。同スクール は、近隣の保育所とも連携し、乳幼児(1歳半から小学校入学まで)の発達障害や、発達上の課題を抱えたお子さんに対して、適したプログラムを提案し実践する療育施設です。

療育の土台作りとして、「睡眠と生活リズムの調整(眠育)」「感覚・運動リズムの調整(感覚調整)」の2点を掲げる同スクール。
今回は、武蔵新城スクール長の田村先生に「感覚・運動リズムの調整(感覚調整)」について、お話をうかがいました。
⇒「眠育」についてはコチラ【もしかして発達障害?改善・成長のための療育と睡眠の関係】

感覚・運動リズムの調整「感覚調整」とはどのようなことでしょうか。

人の感覚には、五感(触覚・視覚・聴覚・味覚・臭覚)に加えて、固有受容覚・前庭覚といった合計7つの感覚があります。

固有受容覚・・・手足の状態や筋肉の伸び縮みや関節の動きを感じる感覚のことで、手足の動きのコントロール、力の調整をします。
固有受容覚が未発達の場合:走る・ジャンプが苦手、手先が不器用、動作が乱暴、動きがぎこちない、姿勢が崩れやすい
前庭覚・・・身体の動きや傾き、スピードを感じる感覚のことです。
前庭覚が未発達の場合:バランスをとる・揺れや高さが苦手、動いているものを目で追えない、ぐるぐる回ったり高いところから飛び降りるのを繰り返す

私たちの体には、これら7つの感覚からたくさんの情報が絶えず脳に向かって送り込まれているにもかかわらず、必要な刺激だけを大脳に送り込むことができます。

このように感覚を整理したりまとめたりすることを「感覚統合」といいます。「感覚統合」がうまくいかないと、姿勢が崩れたり、うまく道具を使えなかったり、力加減がわからなかったりと、さまざまな問題が見られます。また声の大きさの調整ができない、人との距離感がつかめないなど、社会性のつまずきにもつながります。
そこでアートチャイルドケアSEDスクールでは「感覚調整遊具」を用いて、お子さまの「感覚統合」を促します。

「感覚統合」を促す「感覚調整遊具」にはどのような種類があるのでしょうか。

武蔵新城スクールに設置している「感覚調整遊具」と、それぞれの遊具の目的をご紹介します。

アートチャイルドケアSED 療育 横浜 センター南 発達障害

ボルスターミニ・プラットホームスイング
前後左右に揺れたり、弾んだり、回転するなどして子どもの感覚刺激を満たします。子ども自身によるバランス獲得や、前庭感覚、姿勢のコントロ-ル力などを育てます。
トランポリン・ラダーウォール
身体のバランスが良くなり、体幹がしっかりします。
ボールプール
触覚や視覚(色の刺激)に働きかけ、手先から足先までの刺激が入り、ボディイメージの形成に役立ちます。
平均台
平衡感覚・集中力・注意力などが育ちます。

大型の「感覚調整遊具」で手先の感覚調整まで促せるのでしょうか。

運動には、大きく体を動かす「粗大運動」(走る、歩く、ジャンプするなど)と、細かな作業「微細運動」(ハサミで切る、お箸を使う、文字を書く)があります。

大型遊具は、「粗大運動」の発達だけを促すように思われるかもしれませんが、しっかりと「微細運動」の発達も促します。例えば、ブランコなど不安定な乗り物に乗り、バランスを崩さないように細い綱に捕まる、ボールにまたがってバランスを取る、このような動きは、手先から足先まで刺激されるので、自ずと「微細運動」の発達も促します。

感覚調整遊具をさらに新しく導入されたそうですね。

はい、トランポリンの上に設置して跳ねる「バルンポリン」、タイヤのブランコ、ハンモックを新たに導入しました。どれも跳ねたり回転したりスイングしたり。感覚統合を促しながら、体幹もしっかり鍛えることができます。

アートチャイルドケアSED 療育 横浜 センター南 発達障害

アートチャイルドケアSED 療育 横浜 センター南 発達障害

▲バランスボールにつかまりトランポリンで跳ねることで「感覚統合」を促します/アートチャイルドケアSEDスクール武蔵新城

当スクールのもっとも大きな特長の一つとして「体全体を使う感覚遊具の充実」が上げられます。どこよりも充実した療育環境を整え、お子様が楽しんで課題に挑戦できる現場であることにこだわっています。

無料体験会を行っていると伺いました。

毎週木曜日10:00~11:00に無料体験会を行っています。

この機会にぜひ大型遊具での感覚遊びや制作など体験してみませんか?
お子さんの成長に関する「ちょっと心配なこと」や「気になること」もこの機会に気軽にご相談ください。

アートチャイルドケアSED 療育 横浜 センター南 発達障害

 

アートチャイルドケア SEDスクール武蔵新城スクール」への体験会や見学のお問合せは044-863-7022まで。

お話を伺ったのは

アートチャイルドケアSED 療育 横浜 センター南 発達障害

アートチャイルドケアSEDスクール武蔵新城
田村スクール長

SPOT INFO スポット情報

アートチャイルドケアSEDスクール武蔵新城

子供の発達 子供の教育 子供の相談
所在地 211-0044 神奈川県川崎市中原区新城3-1-3 メチェナーテ2F
TEL
アクセス
  • JR南武線「武蔵新城駅」徒歩3分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME お知らせ 発達障害の療育を支える大型遊具。遊びながら「感覚・運動リズム」を 整える。
TOP