HOME レポート インタビュー 「自立学習応援プログラム」で自分から進む力を
インタビュー 中学受験塾 進学塾

「自立学習応援プログラム」で自分から進む力を

NPS 中川個人特訓教室 代表 藤田義明先生

【NPS 中川個人特訓教室】代表 藤田義明先生

東京都立大学(現・首都大学東京)で物理学を専攻。大学卒業後は公務員となるが、子供の成長に携わる仕事がしたいとの思いから教育業界に転身。大手塾の講師、個人経営の学習塾での勤務を経て、2010年「NPS 中川個人特訓教室」を開業。

「生徒の自立を促す」というモットーを掲げる「NPS 中川個人特訓教室」。1対1、1対2の個別指導で、生徒が自ら進んで勉強に取り組めるよう促す、オリジナルの「自立学習支援プログラム」が特長です。「漫然と問題を解いているような受動的な姿勢では、これからの時代を生き抜いていくための本当の実力は身に付かない」と言い切る代表の藤田先生。そんな先生を慕って、時にはグローバルに活躍している卒業生が訪ねてきて、近況報告をしてくれることもあるといいます。生徒一人一人に合った教育を進める藤田先生に、現在の教育方針に至った理由や、生徒の成長を見守る思いについてお伺いしました。

中学受験のもっと先にある将来を視野に!

NPS 中川個人特訓教室(横浜市都筑区)

▲NPS 中川個人特訓教室(横浜市都筑区)

――「自立学習応援プログラム」とは、具体的にどんなことをするのでしょうか。
 入塾希望の方には、最初に無料体験授業を受けていただきます。その授業を通して生徒の苦手分野や克服すべきポイントなどを見つけ出し、生徒一人一人に合わせて指導方針を立てていきます。具体的には学習内容を細かくステップに分けて、習熟度に合わせて順序立ててステップアップしていくプログラムです。土台ができていない上に受験テクニックだけを積み上げても、学習内容は身に付きません。そのため、計算能力が低ければ計算問題だけ、漢字能力が低ければ漢字練習だけといったように、類題ばかり3カ月以上繰り返すこともあります。最終目的は、生徒が自分から勉強に取り組めるようになることです。でも、ただ「勉強しなさい」といっても、多くのお子さんは何から取り組めばいいのか分からず、漫然と問題集を解くだけといったことになりかねません。自立学習応援プログラムは、学習内容がステップ分けされているため、自分がつまずいている箇所を把握できます。すると、何を勉強すれば実力が向上するのか明確になり、学習効果が上がりやすくなるんです。

 

ページ 1 2

SPOT INFO スポット情報

NPS 中川個人特訓教室

中学受験塾 進学塾
所在地 横浜市都筑区中川1-6-35 中川カスケード302
TEL
アクセス
  • 横浜市営地下鉄中川駅より徒歩1分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 「自立学習応援プログラム」で自分から進む力を
TOP