HOME レポート インタビュー まず自分の弱点を知る。その克服のため根気強く伴走する
インタビュー 中学受験塾 進学塾
スポット
秀佑館

まず自分の弱点を知る。その克服のため根気強く伴走する

秀佑館 塾長 藤野卓生先生

塾長 藤野卓生先生

慶應義塾大学文学部卒業。一般企業に籍を置く傍ら、友人からの誘いで学習塾の設立に関わり、教育事業の必要性を痛感。一生の仕事にしたいと、秀佑館を設立する。

秀佑館は、「生徒をとことんサポートする」をモットーに、アットホームな個別指導を行っている学習塾です。中学受験指導は主に塾長の藤野先生が当たり、1対1、1対2で授業を行います。「中学受験は子どもにとって、初めて接する人生のハードルのようなもの。大変な時期を乗り越えるため、少しでも支えになれたらうれしい」と語る藤野先生。そのため授業時間に空きがある限り、受験が間近に迫った小学6年の途中からでも受け入れています。実際にどんな形でサポートを行っているのか、その陰にある子どもたちへの思いも含めて、詳しくお伺いしました。

生徒の信頼を得るため、隠し事はしないようにしている

秀佑館(横浜市都筑区)

▲秀佑館(横浜市都筑区)

――具体的にどんな授業を行っているのでしょうか。
 じつは個別指導では、勉強を教えることがメインではありません。勉強のやり方を覚えて、生徒が自ら学習できるようにすることが目的です。そのために必要なのは、生徒の弱点を探すこと。何ができるのかよりも、何が分からないのかの方が大切なんです。「今まで分からなかったことが、分かるようになる」というのは、勉強の大きな喜びに繋がります。自力で道を切り開いていく経験をすると自信もつきますし、弱点の克服方法を知ることが「勉強のしかたを覚えること」なんです。

秀佑館(横浜市都筑区)

▲秀佑館(横浜市都筑区)

 弱点を探すためには、単元ごとに細かく見ていく必要があります。特に算数は、ほぼ1対1で教えています。最初に解説しながら演習問題を解いて、次に生徒が自力でやってみて、分からなければ再度説明して、という繰り返しです。その際、自分に合った方法を見つけるのも勉強のひとつという考え方から、やり方の強制はしません。例えば暗記ひとつをとっても、書写で覚える、音読して覚えるなど、生徒によってさまざまです。そして、生徒なりに理解して消化できているか、確認して進めていきます。自力で問題を解けるようになれば、苦手意識もなくなります。教材はエデュケーショナルネットワークの「中学受験新演習」が中心ですが、ひとつに絞ると学習内容に偏りが出てくるので、サブ教材やプリントも使ってまんべんなく教えるよう心掛けています。

 

ページ 1 2

SPOT INFO スポット情報

秀佑館

中学受験塾 進学塾
所在地 横浜市都筑区茅ヶ崎中央19-4エルムビルⅡ2F
TEL
アクセス
  • 横浜市営地下鉄センター南駅より徒歩3分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー まず自分の弱点を知る。その克服のため根気強く伴走する
TOP