HOME レポート インタビュー 成績アップのため、全講師の知識と経験を集結
インタビュー 中学受験塾 進学塾
スポット
受験ドクター

成績アップのため、全講師の知識と経験を集結

受験ドクター 塾長 安部公一郎先生

塾長 安部公一郎先生

慶應義塾大学卒業。「教育業界を一生の仕事にしたい」と、大手学習塾で講師をしていたところ、ヘッドハンティングを受けて「受験ドクター」に入社。

「超一流プロ講師による個別指導で、目の前の一人を勝たせる」と謳っている受験ドクター。講師は全員、有名学習塾での指導経験と実績を持っています。「人を育てることは、社会の未来を作ること」という信念の下、日々生徒と向き合っています。入塾を希望する生徒も多く、毎年秋から翌年度の入塾先行予約を受け付けるほどの人気となっていますが、その秘密はどこにあるのでしょうか。塾のシステムや教育にかける思いを塾長の安部先生に語っていただきました。

講師・保護者・生徒によるチーム作りが受験の合否を分ける

受験ドクター(横浜市青葉区)

▲受験ドクター(横浜市青葉区)

――プロ講師による個別指導」をうたっていますが、講師についてどのようなこだわりを持っていますか。
 生徒の成績を上げるため、講師の質にはこだわっています。同じテキストを使っていても、講師の教え方によって生徒の理解度に差が出てしまうんです。特に中学受験は、学校では習っていない高度な知識が問われるため、塾講師の教え方が重要になります。「大手学習塾で実績を上げている人気講師だけを集め、個別指導を行ったら、短期間で効率的に成果が上げられるのでは」というところから当塾はスタートしました。Webサイトの講師採用基準にも明記しているとおり、原則として中学受験専門の有名学習塾で、幅広いコースを担当し合格実績を積み上げてきた方のみを採用しています。しかし集団指導と個別指導では、教え方が違います。生徒の個性を見抜く目と、一人一人に合わせた最適の教え方ができる実力がなければ、当塾の講師は勤まりません。そのため100人の応募があっても、採用になる講師は2~3人いるかどうかです。
 講師の実力は、教え方の上手下手だけではありません。「小学受験は親の受験、中学受験は親子の受験、高校受験は子の受験」と言われるように、保護者との協力体制を作れるかどうかも重要なポイントです。どんな講師であっても、週1回2時間程度の授業では、できることが限られています。いかに自宅自習の効果を上げるかが、受験の合否を分けるといってもいいでしょう。そのためにも講師、保護者、生徒が一丸となったチームを作る必要があるのです。
 通常の授業では、学習内容に細かくチェックポイントを設けて、生徒が理解しているかを確認します。問題を見つけ、対策を検討し、学習計画の修正を行います。これだけのことをしているからこそ、自信を持って「超一流のプロ講師による指導」といえるのです。

ページ 1 2

SPOT INFO スポット情報

受験ドクター

中学受験塾
所在地 横浜市青葉区美しが丘2-20-14 プリメールたまプラーザ 1F
TEL
アクセス
  • 東急田園都市線たまプラーザ駅より徒歩3分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 成績アップのため、全講師の知識と経験を集結
TOP