HOME レポート メッセージ 【メッセージ】年齢に合わせたレッスンで絶対音感、読譜力を養う
メッセージ 音楽・リトミック

【メッセージ】年齢に合わせたレッスンで絶対音感、読譜力を養う

川崎紫明先生

大阪音楽大学ピアノ科卒業後、現ベルリン国立芸術大学に留学。才能教育の鈴木鎮一氏、右脳教育研究のグレン・ドーマン氏に学ぶ。スズキメソードでのピアノ指導歴45年。

 川崎紫明先生が考案した「音符ビッツ」は、0歳から楽しく音符を覚えるためのカード式の音楽教材です。大きな図柄のビッツカードを目で視て耳で聴き、リズムにのって口で読み、又は歌うという全身を使った学習法で、脳が刺激に敏感に反応し、最も効果が上がると言われる「臨界期」を逃しません。「常に繰り返すことで、脳に大きな記憶回路ができ、どんどん情報を注入することができるようになります」と紫明先生。読譜力や絶対音感の習得に加え、記憶力や集中力、創造力にも効果を発揮するので継続することが重要なのだそうです。さらに、「近年の脳科学の研究によると、生後8カ月くらいから視覚と聴覚の統合が始まるため、目と耳に同時に刺激を与えると単独に与えた時の約6倍も脳が活性化することがわかりました。五感をフルに使う音符ビッツの効果を裏付けています」と語ってくださいました。

全身を使って音楽を楽しみ語彙力や表現力も培う

 子供向けのレッスンは、小さい子でも歌いやすいようにと紫明先生が作った歌を中心に、手遊びやわらべうた、リトミックなどを組み合わせて音楽の楽しさを伝えます。優しく語りかけるような歌詞や明るいメロディーに触れることで語彙や表現力も育てます。さらに、「メロディビッツカード」、「どうぶつリズムビッツ」「くだもの和音ビッツ」などで脳の活性化を促します。「3歳になるとピアノを始めるお子さんが多いのですが、音符ビッツで音楽の基礎を培っているため上達がとても早いです」と紫明先生。毎年クリスマス時期にはフィリアホールでピアノや歌、お芝居、音符ビッツパーティ、作曲発表などバラエティ豊かで楽しい発表会も開催します。すべては、「音楽を楽しむ心、そして知性、感性も育むことで、将来は優しい心と社会に貢献できる力をもった人になってほしい」という紫明先生の願いが原点です。

SPOT INFO スポット情報

アサフ音楽院・川崎紫明音符ビッツ教室

音楽・リトミック
所在地 横浜市都筑区牛久保東1-3-31
アクセス
  • センター北駅より徒歩4分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート メッセージ 【メッセージ】年齢に合わせたレッスンで絶対音感、読譜力を養う
TOP