HOME レポート インタビュー 関西で人気のさくらINSが横浜に。幼児から英・仏・中国語も学ぶ教育とは
インタビュー バイリンガル幼稚園 & プリ 子供の教育

関西で人気のさくらINSが横浜に。幼児から英・仏・中国語も学ぶ教育とは

中村学園長自らが立ち上げた関西国際学園は乳幼児部から小中高等学校までの一貫教育をしています。当初の想いを教えてください。

立ち上げは2001年です。きっかけは、私の子どもの幼稚園探しをした際、その教育内容が数十年変化していないことに疑問をもったことです。企業は、時代の流れを敏感に察知しながら成長への努力をしているのに、教育界だけが取り残されていると感じました。さらに、ドーマン研究所の教育に大きな影響を受け、日本でも未来を見据えた教育をしたいという強い想いから、ここを立ち上げました。

スタートは小さな認可外保育所で、園児数はわずか7人でしたが、2020年度の学園全体の生徒数は1200名を超え、さらに初等部は2015年に国際バカロレアPYP校に、高等部は2020年1月にDP校に認定されました。


▲さくらインターナショナルスクール横浜青葉校(横浜市青葉区)

マルチリンガル教育がモットーと伺いました。

グローバル化が進む中、日本語と英語で完璧なコミュニケーションが取れるのはあたり前の世の中です。当学園ではさらに、フランス語と中国語教育も行います。また日本の医学部にも、海外の有名大学にも進学先の選択肢を持てるハイレベルな教育を行うとともに、日本人としてのアイデンティティを大切にしながら、文化の理解や世界に通用する人間力も育てること、それが私たちの考えるマルチリンガル教育です。


▲さくらインターナショナルスクール横浜青葉校(横浜市青葉区)

「どんな子でも天才で生まれるのに、まわりが邪魔してしまう」というお考えは興味深いですね。

脳の発達は、生後8カ月までがピークで、さらに3歳までにどれだけよい刺激を与えられるかが一つの要です。子どもはみんな生まれたときは天才です。しかし、適切な刺激(教育)を受けずに育つとその能力が失われてしまうのです。さくらインターナショナルスクールの乳幼児部、幼稚園部では、多言語教育、音楽、体育などの総合的な教育と、集中力や記憶力を伸ばすメソッドに基づいた右脳開発を毎日繰り返し行うことで、子どもたちの能力を最大限に引き出します。



▲さくらインターナショナルスクール横浜青葉校(横浜市青葉区)

園内で学べる習い事も充実していると伺いました。

子供たちの無限の選択肢を伸ばしてほしいとの思いから、書道やそろばん、スイミングやサッカーなどをはじめとするさまざまな選択レッスンがあります。すべて専門の講師が担当しますので、ハイレベルな指導が受けられ、子供たちの感性も育ちます。ピアノやバイオリンは合同発表会や、プロの演奏家に接する機会もあります。また、通常レッスン内で取り入れている中国語とフランス語をさらに学びたいというお子さんへのレッスンもあります。園内で受講できるため、保護者の方の送迎の必要もなく、とても好評です。

お話を伺ったのは


株式会社関西国際学園
代表取締役
中村久美子学園長

SPOT INFO スポット情報

さくらインターナショナルスクール横浜青葉校

バイリンガル幼稚園 & プリ
所在地 神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1052-2オークハーモニー市ヶ尾2階
TEL
アクセス
  • 東急田園都市線・市ヶ尾駅より徒歩5分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 関西で人気のさくらINSが横浜に。幼児から英・仏・中国語も学ぶ教育とは
TOP