HOME クチコミ 中学受験ママ 2020年中学受験予定のママたちへ。ここでも受験準備最盛期。
連載ブログ 【連載】中学受験ママ

2020年中学受験予定のママたちへ。ここでも受験準備最盛期。

ニックネーム:るほん
コロコロこと5年生(N研)女子とトンガリ2年生(Y塚)男子の2児のママです。とりあえず勉強はしておきましょう、という方針でまずは姉の中学受験を予定。パパママは中学受験未経験。教えながらつい方程式がでてくる今日この頃です。

2月がやってきました。東京・神奈川地域は中学受験の本番のシーズンです。

お正月がすぎてから、2020年組の親の私がなんだかすごくそわそわ。

埼玉の栄東が中学受験者数6000超の話題から始まり、すでに頭の中は2020年のシュミレーションでいっぱいです。

親の私が入試の申請やら、手続やら間違いなくできるか、試験会場まで送れずに行けるのか。インフルにはかからないだろうか、体調はどうか。。下の子がいれば下の子の当日のケアも考えておかねばなりません。

考えれば考えるほど、ドキドキしてきます。

そんな中、N研では新六年生の説明会がありました。おおむね予想していた内容で、クラス発表もありました。分厚いテキストを受け取りながら、あと一年かあ、と感慨というか不安というか。皆さんこんな気持ちなのでしょうか。

ちなみに、どこの塾も大抵そうなのですが、Nでも5年でカリキュラムがだいたい終わるので、6年からは本番に向けて、過去問を解きながら、新しい内容も追加していく、というのがスタイルのようです。5年が一番大変というのは、新しい分野が次々と出てきて、そこを理解して習得することを求められるからなのでしょうね。

さてコロコロの教室では中学受験期間2週間近くお休みに入ります。
塾のお友達も旅行に行く話を聞いてきて、自分も行きたいと言い始めたコロコロ。
そこで、今回はパパとUSJに週末を利用していくことにしました。今頃満喫していることでしょう。
これでしばらくはお泊りでの遊びはお休みですね。

この間、塾からは課題は出ないので、あいている時間で我が家ではコロコロの苦手分野をおもに手を付けております。

塾がないと勉強した気にならないと言うコロコロ。ある意味中学受験病ですね(笑)

算数が一番思わしくないのですが、いろいろな問題を当たるにあたり、5年のカリキュラムのなかで、その都度、もう少し、私がかかわって深く突っ込んだ勉強をさせればよかったなあ、、と思ってしまったのでした。
補助なしでよくやっている方だと思いますが、そこは子ども。中学受験が親子の闘いだと言いますが本当にそうだなあと感じます。トンガリが中学受験するならば覚えておこう。

ところで、新学年説明会の際、Nの先生曰く

「2020年本番を迎える皆さんも、ぜひ、1日朝、受験校を訪問してみてください」
とお話がありました。

某塾Sでは「けっしていかないで」と言われたとも聞いたのですが、Nで先生から言われてしまうとなんだか気になって仕方がなくて。

そこで、ネットでいろいろと調べるとやはり賛否両論。中学受験生ではない親が、SNSに様子をあげたり、会場に入り込んだり。完全に冷やかしの方もいらっしゃるようで・・・・

一方で、緊張しやすい子なら本番のイメージがわき、のんびりさんならエンジンのかかる子もいる様で、良い面もあるという意見も。でも、邪魔になるのは一理ある・・・

悩んだ挙句、たまたま仕事をお休みいただくことになっていたこともあり、私だけでも受けようと思っているところに行ってみようかな、と思い始めました。
ですが、いくならコロコロも行きたいと言い出し、通りがかりにちらっと見ることにきめ、コロコロと、朝早く、集合時間に間に合うよう本番シュミレーションさながらに行ってみたのでした(笑)

ちなみに、本番は集合時間の30~40分前到着を目指すのが良いとのこと。

また、今回は都心が雪の予報が出ていたこともあり、いろいろ想定して起床時間から逆算して、早起きし、決行。
到着は40-50分前だったのですが、思った以上にしずかなものでした。(御三家ではないからか?)テレビで見るようなすごい人数はいなくて(笑)
ある意味、普通の模試のような雰囲気。もちろん、各塾の先生方応援団はいらっしゃいましたよ。コロコロは緊張が伝染する様子もなく。
行ってみてよかったのは、親の私自身が一番なんだか、こんなものか、と思ってほっとしたこと、かな?

さてこのブログを書いているときも合格速報が各塾出てきています。
いろいろな塾を見比べていると結構特色があり面白いですね。

どんな学校に強いのか、どんな風に中学受験しているのか、なんとなく想像できてしまいそうです。
まあ、あくまで背景にある条件がわからないので、塾間で簡単に比べることはできないのですが。。

何はともあれ、中学受験を経験する親としては、ドキドキな季節。受験生の願いが叶う事を真摯に祈りたいと思います。みんなの桜が咲きますように。

私たちは2月が落ち着けば新6年、いよいよ本格稼働です。泣いても笑っても後悔しないように親子で頑張りたいと思います。

 

中学校の魅力を徹底取材!気になる中学校情報はこちら

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME クチコミ 中学受験ママ 2020年中学受験予定のママたちへ。ここでも受験準備最盛期。
TOP