HOME レポート 本当に使える英語を目指して 生徒同士がお互いを高め合う
レポート 中学校 女子校

本当に使える英語を目指して 生徒同士がお互いを高め合う

ネイティブ教師による英語の授業/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

▲ネイティブ教師による英語の授業/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

ネイティブ教師による英語の授業では、生徒がペアになって会話を続けるなど、「聞く」「読む」「書く」に加えて、全員が物おじせず「話せる」環境を作っています。

グローバル留学コースでは、週7時間の英語の授業のほか、数学や美術の授業を英語で行う「イマ―ジョン授業」を導入。ディスカッションやスピーチ、ディベートのトレーニングなども取り入れています。

グローバル留学コースでは、週7時間の英語の授業のほか、数学や美術の授業を英語で行う「イマ―ジョン授業」を導入。ディスカッションやスピーチ、ディベートのトレーニングなども取り入れています/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

▲「話せる環境」を大切にした英語授業/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

附属小学校からグローバル留学コースに進学したAさんは「中1の最初の頃はクラス内でも英語の力に大きな差がありました。帰国生や幼稚園からずっと英語を習っていた人もいればアルファベットの書き方から始めた人もいて、放課後にみんなで教え合ったこともあります。中1の終わり頃には全員が英検3級に合格し、2級や準2級を取得した友達も7人いました。中3で準1級を取ったすごい人もいます。いまはカナダ留学に向けて、みんなで高め合っていくのが目標です」(Aさん)。

シンガポール研修/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

▲シンガポール研修/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

 

SPOT INFO スポット情報

昭和女子大学附属 昭和中学校・高等学校

女子校
所在地 東京都世田谷区太子堂1-7-57
TEL
アクセス
  • 三軒茶屋駅より徒歩約7分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート 本当に使える英語を目指して 生徒同士がお互いを高め合う
TOP