HOME レポート インタビュー 【校長先生のひととなり】横浜女学院中学校 高等学校
インタビュー 女子校 中学校

【校長先生のひととなり】横浜女学院中学校 高等学校

校長 平間 宏一 先生

高校はカトリック系男子校の出身です。その学校ではじめてキリスト教に出会いました。

校長先生が担当していた宗教の授業のなかで「大切なものは目に見えない」とおっしゃっていたのを思い出します。卒業時に私は生意気にも「目に見えないものは信じない」とレポートに書いて提出したところ、先生は「よく勉強しましたね」と満点の評価をくださったんです。

人生観が変わり、大学生のときに洗礼を受けました。教師になったのはその先生のようになりたいと思ったからなのかもしれません。

趣味は車です。これは父の影響が大きいですね。印刷関係の会社を経営していたのですが、52歳という若さで亡くなりました。父の最期が近づくのを感じたとき、車の雑誌を見せながら「次はこれに乗るんだろ、早く元気になれ」と声をかけると少し元気になったような気がします。

人は好きなことが生きる力になるのだと感じた瞬間です。人生は何があるかわかりません。生徒には自分の好きなことを見極めながら、素敵な人生を送ってほしいですね。

校長先生のひととなり 横浜女学院中学校 私立中高一貫

在校生の学校自慢はこちら

SPOT INFO スポット情報

横浜女学院中学校高等学校

中学校 女子校
所在地 神奈川県横浜市中区山手町203番地
TEL
アクセス
  • 石川町駅より徒歩7分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 【校長先生のひととなり】横浜女学院中学校 高等学校
TOP