HOME クチコミ 座談会 【座談会2017】校長先生×保護者
クチコミ 男子校

【座談会2017】校長先生×保護者

メンバー

「机上の勉強だけでなく、実体験を積むことでの成長を」坂本正校長※取材時期:2017年6月

  • Aさん

    高2に長男が在籍

  • Bさん

    高2に長男、中3に次男が在籍

  • Cさん

    高3に長男が在籍

バランスの取れた人材を育てる 学生らしい学校生活

Aさん 心身の成長と学びのバランスが取れた学校生活だと思います。高2の息子が所属するゴルフ部は休日にコースを回るなど練習内容も充実しています。しかし、中学時代は学力が低迷し、さらにダンス部との兼部も決め、青春を謳歌し過ぎたと言いますか、高校に上がれるかを心配しました。ところが、苦手科目を一緒に勉強し、成績が上がると自分のことのように喜んでくれる友達に励まされ、先生方にアドバイスをしていただきながら無事に高校に進みました。コミュニケーション能力や人格形成など教科書には載っていない、けれど何よりも学んでほしいことをここで得ていると実感しています。

Cさん 息子は剣道部に所属しています。中3あたりで部活を早期退部し勉強に専念する友達も出てきて、両立に悩む時期がありました。そんなとき、「コモンスペース」という廊下のフリースペースで先生に質問したり、友達と自習したりと、塾に行くことなく効率的に学習できたようです。また、希望者が苦手分野を集中して教わる授業前の0時間目も積極的に利用し、6年間の部活動を全うできそうです。

Aさん 毎朝の小テストは各々間違った箇所の解説が貼り付けられて返却され、その日の放課後に残って復習します。親も子も希望すれば面談に応じていただけるのですが、先生方の対応にはいつも驚かされます。まるで頭の中にコンピューターが入っているのかと思うくらい、性格から成績の傾向まで子供のことを熟知されているんです。希望校に合格するには偏差値をどの程度上げるべきか、そのためにどのような勉強が必要かなどの具体策を伝授していただき、息子のやる気にも火がついたようです。

男子校ならではの 特色ある人間関係と取り組み

Bさん 思春期の息子たちにとって、親があれこれ言うよりも先輩からのアドバイスの方が大きな影響力があります。兄弟でサッカー部に所属していますが、特に高校の部員同士の仲の良さは見ていて気持ちがいいほどで、先輩でも「君」付けで呼ぶのが伝統のようです。

Cさん 先生も男性が多く「男同士」の信頼関係を築けているようです。入学して感心したのが、中1の性教育です。心と体の変化に一番戸惑う年代に授業を通して真面目に取り組むことができ、本人も安心したようでした。その授業の様子や子供たちの感想などは保健だよりにも掲載されていて、男性目線の悩みに答えてくれる内容もあり、悩みを匿名メールで保健室に送ることもできます。こういった取り組みは男子校ならではだと感じます。

本物に触れる体験から 大いに学び大いに成長する

坂本正校長 本校の創立130周年を記念するにあたり、あえて式典ではなく、全校生徒で劇場を貸し切って観劇をしました。演目は「レ・ミゼラブル」。中学生には難しいかと懸念しましたが、観劇後、図書室で原作を借りる生徒が続出し、本物に触れる機会を設けることの意味を再認識しました。防災訓練を兼ねて20㎞歩き切る強歩大会というユニークなものもあり、生徒の忍耐力を鍛える目的もあります。
Cさん 高2が全員参加するオーストラリアでの語学研修は、現地の高校生とお互いの文化を紹介し合う交流イベントを行います。息子は実行委員も務めた体育祭のパフォーマンス「ソーラン節」を披露し、大変好評だったそうです。3~5名で農家にホームステイも経験し、しっかりとコミュニケーションが取れたことは英語への学習意欲につながりました。また、サッカーやバスケットボールなどのスポーツを一緒に行い、言葉を超えた交流も楽しんだようです。

坂本正校長 学校生活のさまざまなシーンで生徒の主体的な行動を大切にし、例えば体育祭などの行事も生徒主導で行います。また、部活動も、やりたいことがあれば、顧問を引き受けてくれる先生を見つけてサークルを発足させ、その活動が生徒会に認められれば同好会、部と昇格していく仕組みです。趣味嗜好が同じ仲間が集う部活動はまさに自分の居場所。好奇心旺盛で積極性のある生徒は本校での生活を楽しめると思います。元気な生徒諸君の入学を待っています。

SPOT INFO スポット情報

高輪中学校・高等学校

男子校
所在地 東京都港区高輪2-1-32
TEL
アクセス
  • 都営地下鉄浅草線・京浜急行線「泉岳寺駅」より徒歩3分
  • 都営地下鉄三田線・東京メトロ南北線「白金高輪駅」より徒歩5分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME クチコミ 座談会 【座談会2017】校長先生×保護者
TOP