HOME レポート インタビュー 本校を一言で表すなら、「放課後、元気な学校」
インタビュー 中学校 男子校

本校を一言で表すなら、「放課後、元気な学校」

インタビュー:校長 竹内 博之先生

理数系強化と生徒が選ぶ習熟度別授業が全体の学力を底上げ

▲電子黒板を使用した授業 鎌倉学園中学校・高等学校(鎌倉市)

2015年度より中学入試に「算数選抜試験」を設けました。男子校は理系思考が強いので、算数の素地のある生徒のために門戸を広げようという試みです。入学後は、生徒自らが選択することができる習熟度別授業を国・数・英で実施。レベルが見合っていない生徒にはアドバイスをしますが、本人に学ぶ情熱があれば自分が選択した習熟度を尊重します。そこでまんべんなく学力を上げ、高2の文理分け、高3での国公立コースを設けることで国公立大学進学を後押しし、着実に成果を上げています。また、理系への憧れや興味を引き出す「K-Labo」では、日頃から実験やフィールドワークを重視し、夏休みには筑波研究学園都市を訪れるほか、東大や東京工大での体験実験や講義の受講を行うなど、多彩な「理数系強化」への試みを行っています。

▲CAI教室には50台完備 鎌倉学園中学校・高等学校

毎週土曜日の「鎌学セミナー」も特長的です。4時限授業のうちの3時限、各教科1時限完結の内容で、毛筆や俳句、GTECや数学検定などの対策、なかには公務員試験を解くといったユニークな授業もあります。通常の授業を行わないのは、部活動の公式戦が土曜日に開催されることが多いからで、文武両道を謳う我が校ならではの取り組みです。

ページ 1 2

SPOT INFO スポット情報

鎌倉学園中学校・高等学校

男子校
所在地 神奈川県鎌倉市山ノ内110
TEL
アクセス
  • JR横須賀線北鎌倉駅から徒歩13分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 本校を一言で表すなら、「放課後、元気な学校」
TOP