HOME レポート 体育や家庭科もみんな一緒に 男女の垣根を取り払った授業
レポート 中学校 共学校

体育や家庭科もみんな一緒に 男女の垣根を取り払った授業

体育の授業(バスケットボール)/神奈川大学附属中・高等学校(横浜市緑区)

▲体育の授業(バスケットボール)/神奈川大学附属中・高等学校(横浜市緑区)

神奈川大学附属中・高等学校の生徒さんにインタビューしました。
「互いの違いを認めて尊重し合うことが成長につながる」との教育方針から、体育や家庭科も含めて授業はすべて男女共修。体育では男女の体力差を補うためのローカルルールを設けています。「ソフトボールでは女子がゴロを捕った時点で走者はアウトになって、バスケットボールでは女子が得点を決めると1点多く加算されます」(Aさん)。

家庭科の被服の授業/神奈川大学附属中・高等学校(横浜市緑区)

▲家庭科の被服の授業/神奈川大学附属中・高等学校(横浜市緑区)

試合前には、各チームでそのルールを利用した作戦会議を開きますが、いつもとても盛り上がるのだそう。試合中は男女を問わず声援が飛び交います。たとえ誰かがミスをしても「ドンマイ」という声があちらこちらから上がり、バッターボックスではホームラン予告のポーズを取る生徒もいます。剣道の授業を女子が受けるのも珍しい点です。レベルに合わせて試合をするので、女子と男子が対戦することもあるそうです。家庭科の調理実習では男女比は関係なくグループが組まれるところも神大らしさ。「5~6人の班に男子が一人なんてこともありますが、気にしません」(Bくん)。

古文の授業/神奈川大学附属中・高等学校(横浜市緑区)

▲古文の授業/神奈川大学附属中・高等学校(横浜市緑区)

 

SPOT INFO スポット情報

神奈川大学附属中・高等学校

共学校
所在地 神奈川県横浜市緑区台村町800
TEL
アクセス
  • 中山駅南口より徒歩約15分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート 体育や家庭科もみんな一緒に 男女の垣根を取り払った授業
TOP