HOME レポート インタビュー 若いときこそ失敗を恐れずチャレンジする勇気を大切に
インタビュー 中学校 女子校

若いときこそ失敗を恐れずチャレンジする勇気を大切に

昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂) 校長 金子 朝子先生

インタビュー:昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校校長 金子 朝子先生

キャリア教育とグローバル教育で
社会で生きて働く女性に

 中高一貫カリキュラム「SHOWA NEXT」は、入学時に、多彩な進路に対応可能な総合力を身に付ける「本科」と約1年間のカナダ留学を必修とする「グローバル留学」の2つのコースを設けています。「グローバル留学」は、実践的で高度な英語力と国際感覚を身に付けることを目標とし、英語と美術、数学の一部の授業がオールイングリッシュで行われ、海外大学への進学も視野に入れています。2018年から理数系の進路を目指す生徒のために中3から編成する「スーパーサイエンス(SS)コース」もスタート。1クラスの募集に対し、定員の2倍以上の応募がありました。理数系の授業数が増えるだけでなく、連携大学から講師を招き、専門的な理数プログラムも実施します。また、2017年から医、歯、薬、保健医療学部を持つ昭和大学が特別協定校となり、授業連携、特別入試制度が適用されています。

電子黒板の導入により板書の時間を短縮、より充実した内容の授業ができるようになりました/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

▲電子黒板の導入により板書の時間を短縮、より充実した内容の授業ができるようになりました/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

 各コースとも国内外の研修プログラムが充実。中2では全員が米国ボストンにある学園施設で行われる12日間の「ザ・ボストン・ミッション」に参加し、各自が選んだ課題研究や現地生徒との交流を通して、英語の実践力を磨きます。SSコースでは中3で屋久島、高1で本科コースの生徒と一緒に沖縄、ベトナム、マレーシア、オーストラリアへの選択制研修旅行に出かけ、多様な文化、自然を体験します。

中2全員が参加する「ザ・ボストン・ミッション」。現地の学校を訪問して学生と交流したり、美術館や歴史的名所を巡ったり。かけがえのない体験を通して一回りも二回りも大きく成長します/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

▲中2全員が参加する「ザ・ボストン・ミッション」。現地の学校を訪問して学生と交流したり、美術館や歴史的名所を巡ったり。かけがえのない体験を通して一回りも二回りも大きく成長します/昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校(世田谷区太子堂)

 

ページ 1 2

SPOT INFO スポット情報

昭和女子大学附属 昭和中学校・高等学校

女子校
所在地 東京都世田谷区太子堂1-7-57
TEL
アクセス
  • 三軒茶屋駅より徒歩約7分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 若いときこそ失敗を恐れずチャレンジする勇気を大切に
TOP