HOME クチコミ ビタママな生活 奈良幼稚園の園庭は広いだけでなく楽しい大型遊具もいっぱい!
ビタママな生活 子供の教育 幼稚園・幼児園 横浜市青葉区
スポット
奈良幼稚園

奈良幼稚園の園庭は広いだけでなく楽しい大型遊具もいっぱい!

奈良幼稚園は遊びを通してお友達との関りや健康な体、やさしさ、言葉、表現などを身につけることを保育方針に掲げています。「幼児期はとにかく、たくさん遊ぶことが大切。そのため、当園には広い園庭とさまざまな遊具をそろえています」と園長の鴨志田先生。

園庭はおよそ800㎡という広さ。野球のダイヤモンドが750㎡強なので、子どもたちが走り回って遊ぶには十分すぎるぐらいの広さです。
取材した日もサッカーボールを力いっぱい蹴っている子や、三輪車で疾走する子、おにごっこの鬼に追いかけられて縦横無尽に逃げ回る子がいて、楽しそうな笑い声が響いていました。

▲のびのび遊べる広い園庭は、奈良幼稚園の自慢のひとつです/奈良幼稚園(横浜市青葉区)

▲三輪車で競争!白熱のレースが展開されていました/奈良幼稚園(横浜市青葉区)

これだけではありません。園長のお話どおり、たーくさんの遊具があります!

▲消防車も遊具のひとつなんて、すごいと思いません?/奈良幼稚園(横浜市青葉区)

さらに2020年春、新たな遊具がラインナップに加わりました。それがこちらです。

▲汽車の形をした複合遊具。滑り台もあり、子どもたちのハートをがっちりキャッチ/奈良幼稚園(横浜市青葉区)

▲うんていではリズミカルに渡っていく姿を披露してくれました/奈良幼稚園(横浜市青葉区)

▲流木渡りもバランスを取りながらすいすい進んでいきます/奈良幼稚園(横浜市青葉区)

これだけたくさんの遊具があると、どれで遊ぶか迷ってしまいますよね。
それでもやっぱり人気の遊具があるようで、自由遊びの時間には子どもたちの行列ができることも珍しくありません。そんなときは年長さんが年少さんに順番を譲ってあげたり、順番を守りながら遊んだりするシーンが見られるそう。遊びの中でしっかり、思いやりの心や社会性が身に付いているということですね。

奈良幼稚園の隣にある奈良町第八公園の広場も、園児たちの遊び場として使うこともあるそうです。この日も先生と一緒に、ドッジボールをしている子どもたちがいました。

▲専任講師による体育指導を受けている成果を発揮。投げ方もサマになっていてかっこいい!/奈良幼稚園(横浜市青葉区)

元気いっぱいに遊ぶ子どもたちの姿に、パワーを分けてもらったビタママスタッフなのでした。
園庭開放も行っているので、この広さと遊具を体感してみてはいかがでしょうか。
奈良幼稚園の詳細はこちら

SPOT INFO スポット情報

奈良幼稚園

横浜市青葉区
所在地 神奈川県横浜市青葉区奈良町2533-22
TEL

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME クチコミ ビタママな生活 奈良幼稚園の園庭は広いだけでなく楽しい大型遊具もいっぱい!
TOP