HOME クチコミ ビタママな生活 【おうち時間】withコロナでも釣りを忘れない!親子でこんなキャスト練習はいかが?
ビタママな生活 アフターコロナ応援

【おうち時間】withコロナでも釣りを忘れない!親子でこんなキャスト練習はいかが?

こんにちは。スタッフGです。
新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、自粛の毎日が続いております。
本来であれば今ごろはプロ野球が開幕し、我がジャイアンツが快進撃を続けていたことでしょう。
そしていい季節にもなり、週末は釣りに、という毎日を送っているはずだったのですが…。

そんなうっぷんをどう晴らそうかと考え、導き出した答えが「おうちでできるキャスト練習」です。
バスフィッシングは、「ここにバスがいるだろう」と狙ったところにルアーをキャストする(投げる)のも楽しさのひとつ。
正確なキャストが釣果に結びつく、といっても過言ではありません。
(ナイスキャストにバイトなし、という名言(迷言?)もあるようですが…)
バスフィッシングのトーナメントで生計を立てるプロも、釣りに行けない日はこうしてキャストの練習をしているようです。


▲メジャーリーグフィッシングという、アメリカのプロトーナメントに参戦するプロの方々。この動画に私も触発されました


▲こちらは日本のトーナメントで活躍中の本堂靖尚プロ。見事なキャストです

こんなプロの方々と同等なわけはありませんが、私も家でチャレンジしてみたのがこちらです。

▲ペットボトルのフタにルアーを当てて飛ばすというキャスト。なかなか難しいけれど、やってみると楽しい!成功するまでに少し汗をかくほどキャストしました

次はより実践的なキャストを意識してみました。
例えば、せり出した木の枝葉と水面までのわずかな隙間にルアーを送り込む。
そんなシーンを想定してのキャストです。

▲低い弾道でガムテープの芯の間を通すキャスト。すっと入った瞬間はとても気持ちいい!

お子さんと一緒に練習するのもいいかもしれませんね。
ベイトリールの使い方を覚えるいい機会になるかもしれませんよ。
私は息子、娘の冷たい視線を浴びつつこのような練習をしながら、いつか釣りに行ける日を夢見る日曜日でした…。
※くれぐれもロッド(竿)を天井にあてて破損することのないようご注意ください。

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME クチコミ ビタママな生活 【おうち時間】withコロナでも釣りを忘れない!親子でこんなキャスト練習はいかが?
TOP