HOME レポート インタビュー 【インタビュー】最新治療から治験まで取り組む小児科クリニック
レポート 小児科 アレルギー科

【インタビュー】最新治療から治験まで取り組む小児科クリニック

院長 安倍 隆先生

国立秋田大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院小児科入局。慶應義塾大学病院、川崎市立川崎病院、日本鋼管病院を経て、2003年あべこどもクリニック開院。日本小児科学会認定小児科専門医。

最新治療から治験まで取り組む小児科クリニック

日吉に開業して14年。できるだけ丁寧でわかりやすい説明とEBM(医学的根拠)に沿った治療を実践しているのがあべこどもクリニックの安倍隆院長です。一般診療に加え乳児健診や予防接種にも積極的に取り組み、定評のある喘息やアレルギー疾患、アトピー性皮膚炎の治療では、ガイドラインに沿いながらも学会などの最新情報や親御さんの希望も取り入れ、個々に合わせた適切な治療を行います。そんな安倍先生に、クリニックのことについてお話を伺いました。

医学的根拠のある治療を実践することを信条として

――クリニックの特長を教えてください。

 小児科一般の診療に加えて、約20年間アレルギー外来を担当して来た経験を生かして、アレルギー疾患の治療にも力を入れています。子供のことであれば、病気だけでなく予防接種や健康のことなど、何でも相談をしてほしいと思っています。診療にあたっては、EBM(医学的根拠)に基づいた治療をすることが一番で、特に食物アレルギーや中耳炎の治療に関しては、ガイドラインに沿った治療をしていますが、それにガチガチにこだわるのではなくて、親御さんの希望も取り入れながらするようにしています。加えて余計な薬をなるべく使わないことと、親御さんにできるだけ丁寧でわかりやすい説明をすることを心がけています。

なるべく子供を怖がらせないように私もスタッフも白衣を着ていませんし、当院の看護師は全員、小児医療に長く携わってきた小児専門の看護師で、看護助手や受付も子供が大好きなスタッフがそろっています。また、感染症や予防接種などの治験については、勤務医時代から多く携わってきましたが、現在もここで引き続き取り組んでいます。

――どのような症状を抱えた患者さんが多いのですか?

 圧倒的に多いのは風邪、感染症で、夏は夏風邪に、手足口病、あとは気管支喘息やアレルギー疾患、アトピー性皮膚炎の患者さんも多く来ています。

 最近は、地球環境が変わったせいか、病気の季節感がなくなってきていると感じますね。夏にはやる風邪が冬にはやったり、冬に流行するノロウィルスが、夏に流行したりしています。それに、昔は大人がかからないと言われていたロタウィルスや手足口病ですが、かかってしまう大人も増えていますよね。おそらく子供の頃にかからずに、免疫ができていないのだと思います。

――治験について教えてください。

 少しでも効果が高く、安全な治療薬やワクチンを、できるだけ早く子供たちに届けたいと思い、勤務医時代からずっと、それらの治験に関わって来ました。その結果、現在広く使われているワクチンや抗生物質、迅速検査キットもあります。現在も新3種混合ワクチン(MMR)をはじめとして複数の治験を当院で行っています。効き目が高くて副作用が少ない混合ワクチンやアレルギー、インフルエンザの治療薬など、良いものが早く、世の中に出れば良いと思っています。これらの治験ができるのも、協力してくれる患者さんがいるからです。ありがたいと思っています。

子供の健康のことなら、なんでも相談を

――先生は、なぜ小児科医になられたのですか?

 それは、子供が大好きだからですよ。かわいくて仕方がない。それに小児科は、ほかの科と違って、目から鼻から耳も全部診ますから、それも私に合っていたんです。やっぱり、子供たちの笑顔を見ることができるとやりがいを感じます。子供たちからもらった手紙を診察室に貼っていて、「先生大好き」と書いてくれていたり、顔がハンサムに描いてあったりするとうれしいですよね。お母さんが描かせているのかもしれないけど(笑)。貼る場所が足りないから、古いのから変えていこうと思うのだけれど、どれを変えるか悩みますよ。

また、小さい頃に診ていた子が高校生や大学生になって、小児科に来なくても良いのに、久しぶりに病気になったので来ましたなんて言って来てくれると、思わず昔話に耽っちゃうこともありますし、勤務医時代に診ていた子は、大学や基幹病院にいたときは小児がんや白血病を診ていましたから、結婚して子供ができましたなんて連絡がくると本当にうれしく思います。

――休日は、どのようにリフレッシュしていますか?

 当クリニックは日曜日も診療していますし、木曜日の休診日も保育園の健診や予防接種にあてているので、あまり休みがないんですよ。今は週に1回、スポーツジムに行ってキックボクシングをしています。サンドバッグを思い切り叩くと、スカッとしますね。もう3年くらいやっていて、試合に出てみたらとも言われるのですが、45歳以上は出られないという決まりがあるので、私はもう60歳を過ぎていますのでと言うと、皆さんに驚かれます(笑)。中学生の頃は老けていると言われていましたけど、私はそのままで、周りがどんどん追い抜いて行ったんですよ。

 あとは、自分の専門の学会はなるべく参加するようにしていますが、そのときにちょっと観光したりとか、私はスイーツが大好きなので、そういうものを食べたり、あと魚は食べるのも見るのも好きだから、水族館があれば行ったりするのも楽しみですね。

――読者へのメッセージをお願いします。
 時々、「こんなことで来てよかったのでしょうか?」と聞くお母さんがいますが、そんなことは気にしないでください。どんな小さなことでも、病気でなくてもワクチンのことでも、学校や保育園のことでも、子育てのことでも、健康に関することでお子さんに気になることがあれば気軽に相談に来てください。

先生の横顔

 「甘いものが大好き」という安倍先生。グルメ雑誌や、ときには女性誌も参考にしてスイーツの情報収集をしているそうです。お休みの日には、街歩きを楽しみながら下調べしたお店を目指すことも。過去最高においしかったのは、横浜そごうで売られていた「Cキューブ」のプリン。「今は販売されていない幻の逸品!」とのこと。食べてみたいですね!

SPOT INFO スポット情報

あべこどもクリニック

小児科 アレルギー科
所在地 港北区箕輪町2-15-22
TEL
アクセス
  • 日吉駅よりバス 日大高校正門下車すぐ
  • または日大高校前下車徒歩3分
  • 日吉駅より徒歩20分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート インタビュー 【インタビュー】最新治療から治験まで取り組む小児科クリニック
TOP