HOME レポート 【ビタママレポート2016】子どもたち主体の活動の第一歩、「リトミックの時間」
レポート 横浜市青葉区
スポット
桐蔭学園幼稚部

【ビタママレポート2016】子どもたち主体の活動の第一歩、「リトミックの時間」

 2016年から3年保育となり、これまで以上に力を入れているのが体験学習です。その取り組みのひとつである「リトミック」を取材しました。ホールに集まった子どもたちは「チューリップ」や「ちょうちょ」などの童謡を、音楽に合わせて歌い、手遊びをしています。そのあとはリズム遊び。「リス」は2拍子、「ヒヨコ」は3拍子と、その数だけ手を叩きます。夢中になっていると突然ある旋律が響きました。あわてて立ち上がる子どもたち。もう一つの旋律が聞こえると今度は座って…、と大忙し。でもみんなとても楽しそうです。「これは『即時反応』を育てるもので、協調性やルールを守る心、そして自分のすべき行動を考える力を育みます」と、リトミック担当の中村孝司先生。
 子どもたちの多くは、学園の小学部から中高・中等へと進みます。この一貫教育の中で重要視しているのが「アクティブラーニング」。「真の生きる力」を育むものです。幼稚部では、その導入としてさまざまな体験学習を行い、知的好奇心をもって遊び学び、夢をもって生きる人を育てます。

SPOT INFO スポット情報

桐蔭学園幼稚部

横浜市青葉区
所在地 横浜市青葉区鉄町1614
TEL

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート 【ビタママレポート2016】子どもたち主体の活動の第一歩、「リトミックの時間」
TOP