HOME レポート 座談会 【座談会2016】校長先生×保護者
レポート 小学校
スポット
湘南学園小学校

【座談会2016】校長先生×保護者

メンバー

榎本校長

  • Aさん

    4年生に長女、3年生に次女が在籍

  • Bさん

    2年生に長男が在籍

  • Cさん

    6年生に次男が在籍

「激変する20年後の社会で必要となる力をしっかりと培う初等教育を」

子供の心をちゃんと見て、認めるそんな日常が育む自立心と責任感

Cさん
息子が3年生のときに公立小から編入しました。息子は良くも悪くも自分の考えをすぐに言動に表すところがあるのですが、以前通っていた学校はそういう子を画一的に抑えているように感じ編入を考えました。そして出会ったのがこの学校です。見守り、認めながら、事の是非を子供が考えられるように促してくれます。例えば学級内で意見を出し合うときなど、自分の考えが100%は理解してもらえず不完全燃焼だったときに「後で聞くからね」という声掛けが先生からちゃんとあるそうです。そんな何気ない日常が子供の心も育ててくれると感じます。この学校で本当によかったです。

Bさん 
学校説明会の際、回ごとに在校生1学年が歌を披露してくれるのですが、その歌が涙が出るくらいすてきなんです。一生懸命さが伝わり、エネルギーに圧倒されるというか、私の周りの方も皆さん涙ぐんでいて。この学校で成長したらこんな子供になれるのかなと感じ、我が子を入学させたいと心から思いました。

Aさん
2011年の東日本大震災のときの子供たちの対応にも感動しました。東海道線で下校中だった当時6年生の子供たちが停止した電車内を全て見て回り、下級生を集めて駅員さんの指示を仰いだ上で冷静に対応し、学校に連絡がとれるまで待機したそうです。普段から児童会、方面別下校などの縦割り活動が多いのですが、そのような下地があるからこそ咄嗟の判断や行動ができたんだと納得。きちんと育てていただいていると感じています。

本物に触れる豊富な体験が未来に生きる力を育てる

榎本校長
お子さんが大人になる20年後の未来はきっと私たちの想像を遥かに超えた社会。そこで必要となるのは、困難な状況でも問題を解決していく力です。その力を養うための取り組みとして本物に触れる体験学習を大切にしています。例えば、3年生は「海」、4年生は「水」、5年生は「食」と各学年で年間を通したテーマを学び、連動した宿泊体験に出掛けます。

Aさん
初めての宿泊学習だったので心配しましたが、帰ってきた時に服を畳んだりとか積極的にお手伝いをしたりとか普段は家でしないようなことができるようになっていて驚きました。お友だちと泊まるということは、協力したり、ある程度我慢したりしなければいけません。そういった経験が彼女たちを一回り成長させたようです。

Cさん
6年生は京都・奈良へ3泊4日の修学旅行に行くのですが、事前学習がとてもしっかりしています。例えば、奈良の大仏見学に行くなら、それに先駆けて鎌倉の大仏見学に行ってその感想を書いたり、歴史や大きさなどを比較した表を作ったり。修学旅行記も入れ込んで100ページ以上の大作レポートに仕上がることも少なくないそうです。修学旅行記は制作展で展示されますが、目を見張るものばかりです。

Bさん
行事も凄いんですよ。例えば、「たいいく表現まつり」は1~6年生までが学年ごとに全国各地の踊りを踊る表現の部と、全学年を縦割り3チームに分けてリレーや団体種目を競い合う運動の部があります。特に6年生の力強い「湘南ソーラン節」は圧巻で、下級生の憧れの的です。

Aさん
体験授業や行事の数が多いので学校が楽しいのに加えて、その都度必ず作文を書くという習慣付けがとてもいいですね。毎年発行される全校文集「松ぼっくり」を見ると、学年を追うごとに文章力がアップするのがよく分かります。

Cさん
6年生になると中学に内部進学するための国算理社4教科のテストを受けますが、国語では初見の文章を読んでまとめるという少し難しい問題も出題されます。最初は戸惑っていたのですが、日々鍛えられてきた書く力のおかげで対応できているようです。

保護者と学校の2人3脚で子供たちの日々の成長を見守る

Bさん
オープンな雰囲気もこの学校の良さですよね。月に1回は授業参観や懇親会など学校に行く機会がありますが、私は特に用事がなくても見に行きます(笑)。でも、先生方はいつもと変わらず授業を進めてくださるので、普段の子供の様子を見ることができます。教室には先生専用のスペースがあって、先生方は職員室よりもそこにいらっしゃることが多いので、気軽に子供の様子も聞けて親にとっては本当にありがたいです。

Cさん
父親だけで運営している「サポーターズクラブ」という集まりがあります。会員は学園幼稚園から中高までの100人ほどで、バザーの出店や幼稚園の小屋のペンキ塗りなど主に力仕事を行いますが、子供の様子を聞けたり、親同士の交流を深めたりと、とても楽しいです。

榎本校長
保護者の皆さんのご協力あっての学校です。そして我々教員も常に成長し続けることが目標です。その取り組みの一つとして、11月には外部の先生方90名ほどをお招きし、公開授業と研究会を行いました。その際のご意見や改善案等を貪欲に吸収して学校経営に活かしていきたいと思います

SPOT INFO スポット情報

湘南学園小学校

小学校
所在地 藤沢市鵠沼松が岡4-1-32
TEL
アクセス
  • 小田急江ノ島線 鵠沼海岸駅 徒歩9分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート 座談会 【座談会2016】校長先生×保護者
TOP