HOME レポート 【ビタママレポート2017】充実した設備が叶える 生徒主体の実験や観察
レポート 共学校

【ビタママレポート2017】充実した設備が叶える 生徒主体の実験や観察

「現在、成城大学は文系学部のみで構成されていますが、開学直後2年間は理学部がありました。学園の歴史からも、理数教育への思い入れは深いのです」と理科担当の網干守先生。2017年に改修が完了した南棟には、中高の施設としては珍しい地学実験室を含め、物理、化学、生物実験室など2フロア8つの実験室を完備。ライチョウやトキといった天然記念物の希少なはく製や珍しい昆虫などの標本を多数保管する「標本室」があるのも特徴です。

理科的好奇心を存分に満たす環境での理科の授業は2/3が実験や観察など実体験からの学びが中心です。理科実験室には各々フロアごとに理科助手1名が常駐し、授業で使用する実験器具の準備を行うため1時間の授業時間でもスムーズに内容の濃い実験・観察が行えます。高2では、2時間続きの授業が増え、薬品の計量や実験で使用した試験管などを洗うところまで生徒自身が行い、実験器具の取り扱いも学びます。

結果を客観視し考察する その過程が科学的思考を育てる

中1の理科の実験は、全員が積極的に携わることができるよう4人以下のグループで行われています。取材したのは「二酸化炭素の発生とその性質」を調べる授業。先生が演示実験を行ったあとグループに分かれ、薄めた塩酸を石灰石に少しずつかけ、集気ビンに二酸化炭素を集めます。各グループで、役割分担や安全に進めるために気を付けることなど、各々意見を交わし合い、賑やかかつ慎重に実験が進みます。

「なかにはうまくいかないグループも出てきますが、失敗にこそ学びがあります。失敗したグループは再実験の補習を行い、その原因を考えます。受講は自由ですが、皆進んで参加します」と網干先生。校内には250種1000本の植物が生息しており、生物の授業では、これらの植物をスケッチしたり、採取して薄く切った葉や茎の細胞を顕微鏡で観察したり、教材として活用しています。中学では教科書をほとんど使用せず、オリジナルプリントに沿って実験や観察を行い、さらに結果を生徒一人一人がレポートにまとめることで客観的な考察を促します。この一連のプロセスが科学的思考力を養います。高2から行われる文理分けでは、他大学の理系学部進学を目指す理数コースも設けられ、生徒の進路を全力でバックアップします。

SPOT INFO スポット情報

成城学園中学校高等学校

共学校
所在地 東京都世田谷区 成城6-1-20
TEL
アクセス
  • 小田急小田原線「成城学園前」から徒歩8分

SHARE PAGE 友達にシェアする

HOME レポート 【ビタママレポート2017】充実した設備が叶える 生徒主体の実験や観察
TOP