宮前つばさクリニック

診療科目 小児科・内科

不安を解消する対話の治療
患者さん同士の交流も充実
スタッフとの連携も抜群のクリニック
所在地 宮前区宮崎6-9-5 東急宮前平ショッピングパーク2F
電話番号 044-871-5011
アクセス 宮前平駅より徒歩10分
または宮前平駅よりバス 宮前区役所前下車徒歩1分
HP http://www.tsubasakai.or.jp/miyamae/
  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
診療時間
9:00~12:00
14:00~18:00
△第3火曜午後の診療は15:00〜18:00
祝日休診
駐車場あり
MAP
大きな地図で見る
 
このエリアには他にこんな病院があります

不安を取り除く診療で親子の健康を守る女性ドクター

 小児科を中心に幅広く診療を行う宮前つばさクリニック。広くゆったりした待合室にはベビーベッドが置かれ、キッズスペースにはたくさんの絵本や院長の幸田恭子先生が自ら選んだ珍しいおもちゃなど、子供たちが楽しく通えるような工夫がいっぱいです。「親御さんには病気のことだけでなく、日頃から気になることを何でも相談してほしい」という幸田先生に、クリニックのことや子育てのアドバイスについて伺いました。

親子を一緒に診療できるクリニック

――こちらは、どのようなクリニックなのでしょうか?

 このクリニックの院長は私で3代目ですが、私が小児科医なので、子供を中心に診療をしています。ただ、お子さんが風邪をひくと、親御さんも必ずと言っていいほど風邪をひいてしまわれ、お子さんを優先するがあまり、ご自分の体調をすごく悪くしてしまう親御さんを多くお見かけします。ですが、大学病院の小児科勤務の頃はその方たちを診ることができませんでした。ここではお子さんも親御さんも一緒に治療をしてあげることで、みんなが早く病気を治すことができる環境にすることを考えています。

 それに大学病院では、病気には向き合えていたのですが、病気が落ち着けば開業医さんに患者さんを戻しますから、子供たち自身には、あまり向き合うことができなかったんです。ここでは、熱を出しやすい子だったら何に気をつければ良いのか、咳をしやすい子であれば、風邪をひいたときの対処法を前もって考えておくなど、子供たち一人一人の性質がわかるので、それを利用した治療をしていきたいと思っています。


――どのような患者さんが多いのでしょうか?

 以前の先生の時からの大人の患者さんもいらっしゃいますが、この辺りはマンションがたくさんあってファミリー層や若いご夫婦が多いので、私がここにきてからは基本的に、小さなお子さんがお母さんに連れられて来院されることが多いです。出産を機にこの近所に引っ越して来られ、最初に予防接種の相談に来院される方もいらっしゃいます。予防接種は今、かなり煩雑になっていて、自分たちでやらなくてはいけないことがすごく増えていますが、出産後間もなくその煩雑な説明を受けても全てを理解するのは困難です。どうすれば良いのかわからないというお母さんも多く、相談にいらっしゃる方も少なくありません。ネットなどの情報もありますし、私もブログを書いていますが、わからないことがあれば、何でも相談に来てほしいと思っています。


――診療の際に気をつけていることはありますか?

 まずは、なるべくお話を聞くようにしています。患者さんが心配をしていることにできるだけ応えたいと思っていて、そのためには、何を心配しているのか正確に聞いて、それを解消してあげる事を一番に考えています。例えば、熱があって心配ですと来たときに、熱が続いていることを心配しているのか、それともほかの病気が隠れているから熱が続いているのではないかと心配しているのとでは、話が変わって来ると思うんです。なので、何に心配しているかを把握して、それに対してしっかりとお返事ができるようにと心がけています。

 それに焦っていて、自分が何を心配しているのかわからなくなっていたり、言葉がうまくまとまらなくなっていたりする方もいらっしゃいます。そういうときは、話しているうちに落ち着いてきて、自分の中で考えがまとまることもありますから、お話を聞くことは大切だと思っています。

 あとは、この先に想定できることを先に話しておいてあげることです。子供が急に熱を出すのはよくあることですけど、「診察をしたらこのことが気になるので、もしかしたらこの先に、こんな症状が出るかもしれませんので、こういうところをよく見ておいて、もしこんなことがあったらまた来てください」と伝えておけば、余計な心配をせずに、冷静に対処できるようになります。

 
――そこまで話してもらえば、親御さんも安心しますね。

 私は患者さんや親御さんによく「こんなことを聞いても良いのでしょうか?」とか「こんなことで来てすみません」と言われるのですが、むしろ来ていただけてすごくうれしいんです。ここのようなクリニックは、そういう人が来られる場所でなくてはいけないと思っていますから。大学病院などは目的を持って、必要性があっていくところですけど、クリニックというのは気軽に来てもらって、例えば大学病院に行かなくても大丈夫ですよとか、心配を取ってあげる場所ですから、ここに来て何かしらの心配が取れたのなら、私としてはまったく困りませんし、むしろありがたいなと思っています。


――子供の健康のためのアドバイスはありますか?

 最近の傾向として共働きの方が多くて、お子さんは保育園に行っているので、親子で一緒にいられる時間が少ないと思うんです。そんな中でできるだけ、お休みの日などにスキンシップというか、親子で仲良くできる時間を持ってほしいなと思います。皆さんお忙しいですから、週末は親御さんも疲れていてゆっくりしたいかもしれません。一緒にいることができるのは、お子さんが風邪をひいて親御さんが仕事を休んだときになってしまうということも少なくないかと思います。でも、やっぱり親子のコミュニケーションや意思疎通はとても大切なことで、もちろん子供の成長にも関係してきますし、子供も大きくなっていくとだんだん離れて行ってしまいますから、一緒にいられるうちに、愛情をたくさん注いであげてほしいと思います。

悩む前に気軽に相談を

――こちらのクリニックの院長になられてから6年とのことですが、何か思うことなどはありますでしょうか?

 スタッフに本当に恵まれていると思っています。みんな本当に良い人たちで、チームワークもバッチリです。私は、受付業務は受付スタッフに、看護業務は看護師に、すべてをお任せして、何かあったら話し合うということで風通しを良くすることを心がけていますが、皆ががんばってくれているので私が仕事をできていると実感しています。受付で優しく声をかけてくれるので、それがクリニックの話しやすい雰囲気につながっていると思いますし、子育て経験のある看護師たちが、患者さん親子のことをわかって、大変ですねって声をかけてくれます。それだけでも親御さんは、すごく安心すると思うんです。そういうことを親身になってしてくれる人たちで助かっています。


――先生は、なぜ医師を志したのでしょうか?

 父が医師で、医師の子供って将来医師になりたいって言うと褒めてもらえるんです(笑)。それに小さな頃から、将来は医師になるんでしょって周りに言われますから、漠然とそうなるものだと思っていました。でも私は、医学部に入るのに2浪しているんです。2年も浪人すると、周りからもあなたは医師になれないのねって思われて、だんだんと傷ついてくるんですよ。それで、私は本当に何をしたいのかって考えたときに、「医師とか医療のことをまったく知らない。父は医師でしたけど勤務医でしたから、何をしているのかまったくわからない。何も知らないのに医師になりたいと思っていた」ということに気づいたんです。それで悩んだんですけど、私は人間にすごく興味があって、病気を治すことで人を助けることができればうれしいなと考えて、この1年は、とにかく必死にがんばろうって決めて勉強して、医学部に合格したんです。その1年が、私の人生のターニングポイントでした。


――最後にメッセージをお願いします。

 先ほども話しましたけど、こんなことで行って良いのかと悩むよりも、とにかく来ていただければと思いますし、私でなくてもこの先生なら話しやすいとか、信用できるとか、お願いができるというところを作ってほしいと思います。この辺りには、クリニックがたくさんありますから、安心できるところを見つけて、もしそういうところがなければ、その選択肢として当クリニックもご利用ください。

ホスピタリティの高いチームワーク

気さくなスタッフとの連携も抜群で、お互いに意見交換し合える風通しの良い環境。「最高のスタッフに恵まれて幸せです」と幸田先生。問い合わせで電話をかけると明るく柔らかい口調で対応。自然とこちらも笑顔に。確認しますと待たされることがなく、スタッフ全員が先生との伝達事項をしっかり確認できていることが伝わり、安心できます。

患者さんからの信頼が結集した「幸田先生を囲む会」

 「子供が好きだから小児科医になりました。だから、痛いことや嫌がることはなるべく早く終わらせて子供たちを笑顔にしたい」。やわらかな雰囲気で患者さんたちの心を和ませる院長の幸田恭子先生。多くの患者さんに支持されていることは2014年に患者さんのご両親が発起人となって始まった「幸田先生を囲む会」にも象徴されます。子供の病気のこと、障害のこと、育児や教育のこと…、先生のアドバイスを受けると共に、同じ親として周りの意見を聞いたり相談したりすることで気持ちが安定し前向きになれるそうです。先輩パパやママからの「わかる。でも大丈夫」「うちもそうだった」などの貴重な経験談を聞いて涙する親御さんもいます。2014 年から始まったこの会、2015 年は午後の診察がない土曜日に開催され、2 歳から12歳の子供とその保護者、12組が参加しました。参加者の中には10年以上前から幸田先生に診てもらっている子供の姿も。「成長した子供の姿を見たり、現在の報告を聞いたりするのは何より嬉しい時間」と幸田先生。患者さんたちの真の声は非常に勉強になり、さらなる診療向上のための原動力となるそうです。 

大学病院との連携と心に寄り添う治療

 大学病院時代は感染症やアレルギーなど幅広い分野の小児科医療に携わってきた幸田先生。「R S ウイルスや気管支炎など、幼児がかかりやすい流行病に特に注意を払っています」。台風などが多い季節は喘息の症状が悪化する患者さんが多いので、大学病院と連携しながら良いタイミングで紹介できるよう配慮します。子供だからと思わず、納得してもらえるように治療の理由をわかりやすく伝えます。不登校などメンタルに関わる体の不調には、まずは体の不調を否定せずに、診療を重ねながら少しずつ話を引き出し原因を探っていくそうです。問診や行動観察から、的確に診断をして不安を取り除いています。小児科のみならず内科全般の治療でも正確な診断を行える環境を整えています。診察では「難しい医学用語は使わない」というスタンスで、どんなに小さなことでも相談してもらえるような雰囲気づくりを心掛けています。

子供の目線で通院が楽しくなる工夫を

 人とのつながりを大切にしている幸田先生には、患者である子供たちからの手紙が絶えません。運動会に無事出ることができて、「点滴ありがとう」のメッセージや、似顔絵や折り紙などが壁にたくさん貼られています。季節ごとに贈られる手作りのポスターは、患者さんのお母さんからの「ありがとう」の印。その声に応えるように、幸田先生お手製のナノブロックや、個性的だったり珍しかったりするおもちゃたちがクリニック内を楽しくさせます。診療のことからプライベートまでつづるブログでも、患者さんとのコミュニケーションづくりに積極的です。

院長
幸田 恭子先生

帝京大学医学部卒業。帝京大学医学部附属溝口病院、東邦大学大森病院を経て、2011年宮前つばさクリニック院長に就任。日本小児科学会認定小児科専門医。

先生の横顔

 「雲井窯」の土鍋で米を炊くことが幸田先生のマイブーム。1 回に2 合炊ける土鍋だそうです。東日本大震災で節電をしている時期、鍋で米を炊いたところ、もっとおいしいご飯が食べたくなり、お母様愛用のこの土鍋を買ったそう。とても人気なので数カ月待つこともあるとか。10 分火にかけ10 分蒸らすだけでふっくら炊きあがる手軽さも嬉しいポイントだったそうです。

あなたの口コミもお待ちしています!

4件の口コミ
  1. ビタミンママ編集部(68号信頼できるお医者さん掲載分) より:

    ・病気の説明も丁寧で、病気の間の離乳食などについてもこちらが質問するより前に教えてくださり、とても気が利く先生です。
    ・予防接種が不安でしたがていねいに説明をしていただけたので、安心して受けられました。
    ・優しく子供目線で話しかけてくださるので、子供が安心して受診できる感じがしました。

  2. ビタミンママ編集部(64号信頼できるお医者さん掲載分) より より:

    ・ショッピングビルの2階にあり、提携駐車場には最大3時間まで無料で駐められます。
    ・自分が診察を受けている間、スタッフの方に子どもの相手をしていただきました。
    ・携帯やパソコンから診察待ちの人数を確認できます。
    ・息子は優しい先生のことが大好き。先生の励ましで泣かずに予防接種を打てるようになりました。

  3. ビタミンママ編集部(60号信頼できるお医者さん掲載分) より:

    ・ショッピングビルの2階にあり、提携駐車場には最大3時間まで無料で駐められます。
    ・自分が診察を受けている間、スタッフの方に子どもの相手をしていただきました。
    ・ 携帯やパソコンから診察待ちの人数を確認できます。
    ・ 息子は優しい先生のことが大好き。先生の励ましで泣かずに予防接種を打てるようになりました。

  4. ビタミンママ編集部(52号信頼できるお医者さん掲載分) より:

    ・広いキッズスペースに敷かれているマットは柔らかいので、小さな子どもが転んでも安心。
    ・待合室にはベビーベッドが置いてあり、赤ちゃんをゆっくり休ませることができて助かっています。
    ・先生は週に一度、大学病院の小児科で心臓外来を担当しているそう。もしもの時は大学病院の適切な診療科をご紹介いただける安心感があります。
    ・クリニックはショッピングビルの2階にあるので、提携駐車場が広く、車で通院しやすいです。

口コミを投稿する

お医者さん 検索

Vol.71

我が家のファミリードクターを探そう!
信頼できるお医者さん

514yen(税込)

*好評発売中!

購入はお近くの書店または
こちらから!

  • 山田りかのハートフルエッセイ

    毎日の生活のあれこれ、身の回りのさまざまなことをエッセイでお届け。
    のんびり気楽にお散歩する気分でおつき合いください。

  • 映画鑑賞券プレゼント

    映画の後はショッピングやお食事も!センター北 ノースポート・モール内イオンシネマ港北NTより、ペアチケットプレゼント。ご応募はコチラから!

  • 子どもの遊び場

    公園の詳しい情報や、雨の日IOKなスポットなどなど。ビタママエリアの子どもと遊べるスポットをMAPで探して、いっぱい遊ぼう!